オープンソースとは何ですか?

オープンソースは、(語弊がありますが極端に言えば)フリーソフトウェアです。

ソースというのはプログラムの設計書です。システムの開発には莫大な投資が必要で、通常ソースは秘密として扱われています。これをクローズドソース といいます。身近なところではWindowsはクローズドソースです(※)。また、多くのフリーソフトは利用が無料、というだけでソースは公開されていま せん。

ところがオープンソースは、このとても貴重なソースをオープン(公開)して、だれにでも使えるようにすることをさします。使うだけでなく、設計図が 入手可能ですから誰にでも改造することができます。カスタマイズしてオリジナルにしてもよいし、問題を見つけたら自分で修正できます。また、問題の発見 や、修正方法、修正したソースをみんなに伝えることも簡単にできます。これをフィードバックといいます。世界中の優秀な同士によって日々問題の発見と修 正、新たな機能の追加が無料で迅速に行われています。みんなが自分の出来ることを出来る範囲で協力してやっていくのです。代表的なものはおそらく Linux(リナックス)でしょう。

こうしてできた優秀な下地を使ってシステムを開発したり、あるいは単にそのまま利用することで一般的に開発コストの7?3割をカットできるといわれ ています。こうした素晴らしいシステムを使わない手はありません。SEECK.JPは常にオープンソースが利用できないかを念頭においています。

※大学等の研究機関に向けては契約をすることで一部のソースをオープンにしています

関連記事

スポンサードリンク