Tag Archives: WindowsXP

OSやブラウザの暗号化通信の対応状況一覧 2018

暗号化通信は、ブラウザによるホームページ閲覧やメールクライアントによるメールの送受信の際に使われます。

主な暗号化通信の種類には、「SSL」と「TLS」があります。「SSL」には、「SSL 2.0」、「SSL 3.0」があり、「TLS」には、「TLS 1.0」、「TLS 1.1」、「TLS 1.2」があります。

暗号化通信に脆弱性が見つかるなどしたため、いくつかのインターネット関連企業は、2018 年 6 月ごろから「TLS 1.2」に対応していないシステム(パソコン、スマートフォン、メールソフトなど)からのアクセスを遮断すると発表しています。

これにより、「TLS 1.2」に対応しているソフトウェアに変更したり、設定を変更して対応したりしなければ、今後、各社のサービスが利用できなくなる可能性があります。

具体的な例としては、ウェブサイトが閲覧できない、メールの送受信ができないなどが考えられます。

ここでは、システムやソフトウェアの対応状況の一覧を掲載しますので、参考になさってください。

なお、これらは参考情報ですので、最新の状況などは、各ソフトウェア提供元などの情報を必ずご参照ください。

Continue reading »

スポンサードリンク

Windowsファイアウォールで特定のポートを開放する方法(WindowsXP編)

SHR136900_s4

WindowsXP のファイアウォールで、特定のポートを開放する手順です。

WindowsXP では、セキュリティ機能が強化され、許可されない通信は遮断されるようになりました。遮断されないように許可を与えるには、「通信を許可するプログラムを選択する方法」や「通信を許可するポートやプログラムを選択する方法」があります。

ここでは、「SNMP エージェント」が通信する「udp/161」を許可する手順を記載します。

Continue reading »