主なサービスのメール設定の参考値

主なサービスのメール設定の参考値です。

スポンサーリンク

主なサービスのメール設定の参考値

Gmail

Gmail および G Suite (旧 GoogleApps for Business) は、同様の設定になります。また、OAuth に対応しています。

imap.gmail.com993SSL
smtp.gmail.com465SSL

対象のアカウントに Web アクセスし、設定で IMAP アクセスが有効になっているかなどをご確認ください。

Yahoo!JAPAN

imap.mail.yahoo.co.jp993SSL
smtp.mail.yahoo.co.jp465SSL

以下にアクセスすると設定値を確認できます。【要ログイン】
https://mail.yahoo.co.jp/info/options/imapprofile/

※利用しているサービスによって設定値が異なる場合があります
※IMAP / SMTP アクセス機能を利用するには、「Yahoo! ダイレクト オファー」の登録が必要な場合があります

Outlook.com

@outlook.jp, @outlook.com, @live.jp, @live.com, @msn.jp, @msn.com, @hotmail.co.jp, @hotmail.com などが含まれる可能性があります。

outlook.office365.com993TLS
smtp.office365.com587STARTTLS
imap-mail.outlook.com993SSL/TLS
smtp-mail.outlook.com587STARTTLS

以下にアクセスすると設定値を確認できます。【要ログイン】
https://outlook.live.com/mail/options/mail/accounts/popImap

mineo

imaps.mineo.jp993SSL/TLS
smtps.mineo.jp465SSL/TLS

CC9N

pop.cc9.ne.jp993SSL/TLS
msa.cc9.ne.jp465SSL/TLS

ZAQ / J:COM

imap-f.zaq.ne.jp993SSL
mstvo.zaq.ne.jp465SSL

参考

設定は慎重に行ってください。設定内容によっては、メールを受信した際にサーバーからメールが削除されてしまう場合があります。

ほとんどの電子メール クライアント (メールソフト) は、適切な設定が受け入れられるように設計されています。しかし、一部のハードウェア等では、適切な設定が行えず、OP25B 等により外部に対して電子メールを送信することができない場合があります。そのような場合は、内部に転送サーバー (受信) を設置し、外部へ転送 (送信) するように配置します。例えば、ハードウェアがポート 25 しか使えなかったり認証に対応できなかったりしたとき、内部にサーバーを設置してポート 25 無認証で受け、ポート 465 またはポート 587 で外部に転送します。ただし、送信元を完全に限定するよう適切なセキュリティ対策が必要です。

珍しいプロバイダでは、ポート 25 を受け入れる場合がありますが、ポート 25 で設定してしまうと、外出先から使用できない場合がありますので、使用可能であればポート 465 またはポート 587 をご検討ください。

※OP25B = Outbound Port 25 Blocking

主なポート

25/tcpsmtp
587/tcpsmtpSTARTTLS, Submission
465/tcpsmtpsSSL
143/tcpimapSTARTTLS
993/tcpimapsSSL
110/tcppop3STARTTLS
995/tcppop3sSSL

注意

  • これらの情報のほかに OAuth や追加の認証や設定を求められる場合があります
  • 必ずサービス提供者が提供する情報をご確認ください
  • これらの情報は、サービス提供者により変更される可能性がありますので、最新の情報を必ずご確認ください
  • 正しく設定していてもセキュリティの厳しい環境などでは、通信できない場合があります

スポンサードリンク