無線LAN関連用語

スポンサーリンク

接続関連

AOSS

AOSS (AirStation One-Touch Secure System; エー・オー・エスエス)は、BUFFALO (バッファロー)が発売するAirStation (エアーステーション) シリーズに導入されている技術で、接続やセキュリティー設定を行うもの。

ゲーム機等にも実装され、安全で簡単に機器を設定できる。一般に低い暗号化を利用するゲーム機等には、その選択しの中で最も強度の高い暗号化を行い、パソコンなどの端末にはより高い暗号化通信を行うことができる。

※ AOSS を有効にすると必要な設定ができないため、SEECK.JP の提供するサポートを受けるには AOSS を無効にする必要があります

らくらく無線スタート

NEC アクセステクニカが開発した無線LAN自動設定技術。AOSS が異なる暗号化通信を選択できるのに対して、らくらく無線スタートは親機に設定した暗号化通信を行うため、通信を行う機器の中で対応する最も低い暗号化通信を選択する必要がある。

※ らくらく無線スタートを有効にすると必要な設定ができないため、SEECK.JP の提供するサポートを受けるにはらくらく無線スタートを無効にする必要があります

WPS

WPS(Wi-Fi Protected Setup; ダブリュー・ピー・エス)は、Wi-Fi アライアンスにより策定された規格で、プッシュボタン式と PINコード式がある。

プッシュボタン式は無線LAN親機のボタンを押すことで、子機に ESSID と暗号キーを送信して設定する。

PIN コード式は子機側で PIN コードを生成し、それを親機に入力することで ESSID と暗号キーが子機に送信される。

WPA、WPA2

WPA(Wi-Fi Protected Access)は、Wi-Fi Alliance が策定したセキュリティプロトコルにそのネットワーク機器が準拠していることを示すもの。それ以前に主流だった WEP の脆弱性が指摘されたために策定された規格。

TKIP もしくは AES による暗号化が提供されている。Wi-Fi CERTIFIED と表示された製品はWPA2 に対応している。

通信規格

IEEE 802.11

IEEE 802.11は、IEEE により策定された、広く普及している無線LAN関連規格の一つ。無線局免許不要で使える物も多い。

IEEE 802.11b

2.4 GHz の ISM 帯と呼ばれる、免許不要で扱える周波数帯域を利用する。従来の IEEE 802.11 規格と互換性を持たせて伝送速度を 2 Mbps から最大 11 Mbps に拡張した規格。

IEEE 802.11a

最大 54 Mbps。日本では当初 5.15 – 5.25 GHz 帯の周波数が無線 LAN にも利用可能となったが、移動体衛星通信システムにも利用されているために、電波法によって屋外での利用が禁止されている。その後、5.15 – 5.25 GHz に加えて 4.9 – 5 GHz(屋外用ライセンスバンド)、5.25 – 5.35 GHz(屋内用アンライセンスバンド)が日本では追加された。今後は2.4 GHz 帯が混雑するにつれてより帯域幅の広い 5 GHz 帯への移行が進むものと思われる。

チャネル配置等に関して、日本が欧米での周波数割り当てと異なる部分について世界的に統合した規格にするため、新たに IEEE 802.11j が規定された。11j の j は “Japan” の頭文字ではなく、アルファベット順で規格名が定められた時に偶然に “j” 番目になったにすぎない。

日本でのチャンネルの変更

IEEE 802.11a に使用されているチャネルの中心周波数に関しては、従来より日本国内において使用されてきたものから、国際的に標準なものへと変更された。

J…旧来の日本国内規格、W…国際標準準拠規格?? 数字…中心周波数(例:“53”は中心周波数が 5.3 GHz)W52、W53を利用する場合、チャネルが異なっていれば干渉はない。

最大 8 個のチャネルが利用可能になり、設置計画の自由度が高くなった(11b/g は最大 3 個)。使用できるチャネル増加に伴い、同フロアに複数設置できる 11a は、企業用途に向いていると思われていた。しかし、増加チャネル部分 (W53) は DFS(Dynamic Frequency Selection: 動的電波周波数選択)により気象レーダとの干渉を避けることが義務付けられており(干渉を検出した場合に回避動作を行う)、場合によっては通信の途絶等が起こり得るため、品質や連続稼動性を要求される企業用途では不向きとされている(W52 では同様の動作は必須になっていない)。

2007 年 1 月の省令改正により、”W56″ (5.47 – 5.725 GHz) が使用可能になった。これによりチャネル数が 8 から 19 に大幅に増加した。W56 であれば、免許が無くとも屋外で使用する事が出来る。ただし、W56 も気象レーダが使う帯域である為、W53 と同等の制約がある。

IEEE 802.11g

IEEE 802.11b の上位規格として開発され、周波数は IEEE 802.11b と同じ 2.4 GHz 帯を利用する。最大通信速度は IEEE 802.11b の 11 Mbps から 54 Mbps に高速化されている。

ISM バンドを利用しているため他の機器からの干渉を受ける可能性が高く、IEEE 802.11a に比べ実効速度は落ちると言われている。

日本での無線 LAN では、比較的普及度が高い IEEE 802.11b に対する上位互換性を持っており、従来の IEEE 802.11b 規格の機器と組み合わせた場合は、IEEE 802.11b モードで動作するため、最大 11 Mbps での通信が可能である。

IEEE 802.11n

2.4 GHz / 5 GHz の周波数帯域を用い、最大伝送速度 600 Mbps(40 MHz チャネルボンディング,4 ストリーム時)、実効速度で 100 Mbps 以上の実現に向け策定された規格。

技術的には「MIMO(Multiple Input Multiple Output)」を使用し、複数のアンテナで送受信を行うこと(マルチストリーミング)や通信手順の見直し、複数のチャンネル(通信に用いられるバンド幅)を結合するチャンネルボンディング(チャンネル結合)などにより、高速化・安定化を実現する。

IEEE 802.11a や IEEE 802.11b、IEEE 802.11g との相互接続も可能。

IEEE 802.11n 対応の製品であっても最大通信速度は製品によって異なる上に、表記されている最大通信速度で利用できるかどうかも、製品の組み合わせに依存する。日本国内においては2007 年 6 月に電波法の一部改正が施行され、無線通信にて同時に使用できるバンド幅が従来の 20 MHz から 40 MHz に引き上げられた。これにより、最大伝送速度の理論値は従来の144 Mbps から 300 Mbps に増えた。ただし、2.4 GHz 帯でのチャンネルボンディングは近隣の無線 LAN 機器の干渉を大きく受ける可能性があるため、5 GHz 帯のみで有効とする機器もある。

IEEE 802.11i

IEEE 802.11i は、通信規格そのものではなく、無線 LAN におけるセキュリティ標準を定める規格。

WPA (Wi-Fi Protected Access) や WPA2 なども IEEE 802.11i に準拠した規格。AES を採用。

暗号化等

WEP

WEP(Wired Equivalent Privacy;直訳すると有線同等機密)は、無線ネットワークは有線ネットワークに比べて盗聴が容易なため、従来からある有線 LAN 並みの機密性を提供するものと期待された。

TKIP

TKIP(Temporal Key Integrity Protocol; ティーキップ)は、無線ネットワーク規格で使われているセキュリティプロトコル。既存ハードウェアを置換することなく WEP を代替する手法として設計し た。これは、WEP のセキュリティが脆弱であることが明らかになったため。

DES

DES (デス、あるいは、デーイーエス、Data Encryption Standard(データ暗号化標準)の略)は、アメリカ合衆国の旧国家暗号規格、もしくはその規格で規格化されている共通鍵暗号のこと。近年、AES 暗号に取って代わられた。

AES

AES 暗号はアメリカ合衆国の新暗号規格 (Advanced Encryption Standard) として規格化された共通鍵暗号方式。暗号規格 DES が技術進歩により時代遅れとなったため、米軍主導のネットワーク秘匿化オープンソースプロジェクトである Tor などに採用された。

RSA

RSA 暗号とは、桁数が大きい合成数の素因数分解問題が困難であることを安全性の根拠とした公開鍵暗号の一つ。RSA 暗号のアルゴリズムは、1983 年 9 月 20 日にアメリカ合衆国で特許(4,405,829号)を取得し、RSA Security 社がライセンスを独占していたが、特許期間満了に伴って 2000 年 9 月 6 日からは誰でも自由に使用できるようになった。

注意

  • 記載されている内容は、親機や通信相手のファームウェアのバージョンや、今後のバージョンアップによって変わる可能性があります

参考文献

スポンサードリンク