SPF 認証とは何ですか?

SPF 認証とは何ですか?

SPF 認証は、メール送受信に関する設定です。迷惑メールを有名なあるいはお客様のドメインを偽って送受信することを検出するために利用されます。

一見関係ないように思われるかもしれませんが、受信側が正しい送信元であるかを確認した際に、適切な設定を行っていないと受信拒否されてしまうため、重要な設定項目です。

Sender Policy Framework(センダー・ポリシー・フレームワーク)とは、電子メールにおける送信ドメイン認証のひとつ。差出人のメールアドレスが他のドメインになりすましていないかどうかを検出することができる。 SPF もしくは SPF認証 とも呼ばれる。
(「Sender Policy Framework – Wikipedia」より引用)

ドメインと無関係なメールサーバを利用して送信元を偽ったメールを送信しようとすると、受信側でそのことを検出して自動的に受け取りを拒否することができる。これにより、SPAM業者が大手プロバイダなどの有名なドメイン名を含むメールアドレスを利用することを防ぐことができるようになる。
(「SPFとは【Sender Policy Framework】 – 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典」より引用)

スポンサードリンク

詳しくは以下を参照ください:

 

注意

  • 正しい設定を行っていても、受信拒否や迷惑メールに分類されてしまうことがあります
  • 設定を行うにはSEECK.JP がドメインを管理しており、ネームサーバーやDNS レコードを任意に変更できる必要があります

関連記事

スポンサードリンク