Windows アロケーション ユニット サイズを確認する方法

Windows 上からアロケーションユニットサイズ(クラスタサイズ)を確認する方法です。

スポンサーリンク

アロケーションユニットサイズを確認する方法

コマンドプロンプト表示

コマンド プロンプトを表示する方法については、次のサポート記事をご参照ください:

※chkdsk コマンドを実行するには管理者権限が必要です

コマンドプロンプトが表示されたら、コマンド「chkdsk」 を実行します。

コマンド入力例

C:\Windows\system32>chkdsk[Enter]

※chkdsk と入力し、[Enter]キーを押すことを表しています
※任意のドライブを指定する場合は 「chkdsk x:」 と入力します(x は任意のドライブ文字に置き換えてください)

コマンドが終了するのを待ちます。

エラー例

管理者として実行されていない場合の例。

Microsoft Windows [Version 6.1.7601]
Copyright (c) 2009 Microsoft Corporation.  All rights reserved.

C:\Users\Owner>chkdsk
十分な特権がないので、アクセスは拒否されました。
管理者特権モードで実行しているこのユーティリティを呼び出す必要があります。

コマンド実行例

Microsoft Windows [Version 6.1.7601]
Copyright (c) 2009 Microsoft Corporation.  All rights reserved.

C:\Windows\system32>chkdsk
ファイル システムの種類は NTFS です。

警告: /F パラメーターが指定されていません
CHKDSK を読み取り専用モードで実行します。

CHKDSK はファイルを検査しています (ステージ 1/3)...
  257024 個のファイル レコードが処理されました。
ファイルの検査を完了しました。
  1619 個の大きなファイル レコードが処理されました。
  0 個の問題のあるファイル レコードが処理されました。
  2 個の EA レコードが処理されました。
  51 個の再解析レコードが処理されました。
CHKDSK はインデックスを検査しています (ステージ 2/3)...
  338334 個のインデックス エントリが処理されました。
インデックスの検査を完了しました。
  0 個のインデックスなしファイルがスキャンされました。
  0 個のインデックスなしファイルが回復されました。
CHKDSK はセキュリティ記述子を検査しています (ステージ 3/3)...
  257024 個のファイル SD/SID が処理されました。
セキュリティ記述子の検査を完了しました。
  40656 個のデータ ファイルが処理されました。
CHKDSK は Usn ジャーナルを確認しています...
100% 完了 (34430976/34437448 の USN 34437448 バイトが処理されました)
  34437448 バイトの USN が 処理されました。
Usn ジャーナルの確認を完了しました。
ファイル システムのチェックが終了しました。問題は見つかりませんでした。

  65432575 KB : 全ディスク領域
  44429460 KB : 199173 個のファイル
    138036 KB : 40657 個のインデックス
         0 KB : 不良セクター
    361731 KB : システムで使用中
     65536 KB : ログ ファイルが使用
  20503348 KB : 使用可能領域

      4096 バイト : アロケーション ユニット サイズ
  16358143 個     : 全アロケーション ユニット
   5125837 個     : 利用可能アロケーション ユニット

アロケーションユニットサイズを確認

実行結果のうち、以下の部分に注目します。

4096 バイト : アロケーション ユニット サイズ

4096 バイトと表示された場合、アロケーションユニットサイズ(クラスタサイズ)は4096 バイトです。4096 バイトは4kB (キロバイト)と同じです。

コマンドプロンプト終了

入力例

C:\Windows\system32>exit[Enter]

参考

注意

  • 本操作例はWindows7 SP1 64bit のものです

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました