WindowsUpdateを修復する方法(コマンド編)

SHR136804_s4

WindowsUpdateに問題が起きた場合、エラーコードなどを参考に様々な対処方法がありますが、ここでは修復する手順を記載します。

スポンサードリンク

コマンドラインから操作しない場合は、次のサポート記事をご参照ください:

→ Windows Updateを修復する方法

コマンド全容

net stop wuauserv
cd %systemroot%
ren SoftwareDistribution SoftwareDistributionold
net start wuauserv
net stop bits
net start bits
net stop cryptsvc
cd %systemroot%\system32
ren catroot2 catroot2old
net start cryptsvc

上記の一連のコマンドを実行することでWindows Updateを修復できます。

コマンド詳細

Windows Update サービスの停止

net stop wuauserv

上記コマンドは、以下のように「Windows Update サービス」を停止します。

C:\Windows\system32>net stop wuauserv
Windows Update サービスを停止中です.
Windows Update サービスは正常に停止されました。

Windows Update に関するデータの削除

cd %systemroot%
ren SoftwareDistribution SoftwareDistributionold

上記コマンドは、環境変数%systemroot%にセットされた場所に移動し、「SoftwareDistribution」フォルダをリネームします。なお、通常、%systemroot%には「C:\Windows」がセットされています。

C:\Windows\system32>cd %systemroot%
C:\Windows>ren SoftwareDistribution SoftwareDistributionold

Windows Update サービスの開始

net start wuauserv

上記コマンドは、以下のように「Windows Update サービス」を開始します。

C:\Windows>net start wuauserv
Windows Update サービスを開始します.
Windows Update サービスは正常に開始されました。

Background Intelligent Transfer Service サービスの停止

net stop bits

上記コマンドは、以下のように「Background Intelligent Transfer Service サービス」を停止します。

C:\Windows>net stop bits
Background Intelligent Transfer Service サービスを停止中です..
Background Intelligent Transfer Service サービスは正常に停止されました。

Background Intelligent Transfer Service サービスの開始

net start bits

上記コマンドは、以下のように「Background Intelligent Transfer Service サービス」を開始します。

C:\Windows>net start bits
Background Intelligent Transfer Service サービスを開始します.
Background Intelligent Transfer Service サービスは正常に開始されました。

Cryptographic Services サービスの開始

net stop cryptsvc

上記コマンドは、以下のように「Cryptographic Services サービス」を開始します。

C:\Windows>net stop cryptsvc
Cryptographic Services サービスを停止中です..
Cryptographic Services サービスは正常に停止されました。

リネーム

cd %systemroot%\system32
ren catroot2 catroot2old

上記コマンドは、catroot2をcatroot2oldとしてリネームします。

C:\Windows>cd %systemroot%\system32
C:\Windows\System32>ren catroot2 catroot2old

Cryptographic Services サービスの開始

net start cryptsvc

上記コマンドは、以下のように「Cryptographic Services サービス」を開始します。

C:\Windows\System32>net start cryptsvc
Cryptographic Services サービスを開始します.
Cryptographic Services サービスは正常に開始されました。

参考文献

関連記事

スポンサードリンク



Comments

comments

文書情報

» 公開日時: 2013.09.22 01:04

3 thoughts on “WindowsUpdateを修復する方法(コマンド編)”

  1. @mtkn

    WindowsUpdateDiagnostic使ったら見事にWindows Updateで0x80070057エラー吐いてたんで、これ参照して修復。http://t.co/7vByYS9dJN

  2. @NochiComa

    @lego510 修復なんかもあるのかな https://t.co/Y5lF00XDPz  WindowsUpdate 始まらない とか ダウンロード出来ない とかで色々と。

Comments are closed.