Windows Vista にドライバを手動インストールする方法

プリンターなどの周辺機器を動作させるためには、適切なデバイスドライバをインストールする必要があります。

周辺機器によっては接続前に必要なソフトウェアをインストールしておくものや、接続するだけで自動的に使用可能になるもの、予めドライバを用意しておくものなどがあります。

本記事では、WindowsVista がインストールされているパソコンに、NEC 製プリンターを接続し、予め用意しておいたデバイスドライバを指定してインストールする例を記載します。

スポンサードリンク

Windows Vista にドライバを手動インストールする方法

パソコンにプリンターを接続すると、「ドライバ ソフトウェアをインストールする必要があります」と表示されますので、[ドライバ ソフトウェアを検索してインストールします(推奨)]をクリックします。

「デバイス ドライバ ソフトウェアをインストールしています」と表示されます。

ドライバが見つからない場合は「付属のディスクを挿入してください」と表示されます。

この例では最新のドライバを製造元のウェブサイトからダウンロードして適用しますので、[ディスクはありません。他の方法を試します]をクリックします。

[コンピュータを参照してドライバ ソフトウェアを検索します(上級)]をクリックします。

[参照]をクリックし、予め用意しておいた製造元提供のドライバを指定して、[次へ]をクリックします。

インストール可能なドライバ ソフトウェアが見つかると、インストールが開始されます。

インストールが正常に完了したら[閉じる]をクリックします。

デスクトップにも「デバイス ドライバ ソフトウェアが正しくインストールされました」と通知されます。

動作確認

接続した周辺機器やインストールしたドライバが正しく動作しているか確認します。

→ WindowsVista テストページを印刷する方法

注意

  • 本操作例はWindowsVista のものです

関連記事

スポンサードリンク