Office2003で使用許諾契約書が毎回表示される

Office2003-License-Agreement-019595_s4

Microsoft Office 2003 を利用するには使用許諾契約書への同意が必要です。

初回起動時に「同意する」をクリックすることで使用許諾契約書に同意することができ、Microsoft Office 2003 が利用できるようになりますが、「同意する」をクリックしても Microsoft Office 2003 を起動するたびに使用許諾契約書が表示される場合があります。

スポンサードリンク

マイクロソフト社の文書によれば、この問題はユーザーアカウント制御(UAC)によるもので、次の手順で回避できます。なお、ユーザーアカウント制御は Windows Vista や Windows7 に搭載されています。

Office2003で使用許諾契約書への同意画面が毎回表示される問題を解決する方法

Office2003-License-Agreement-019598_s4

[スタート]ボタンをクリックして「プログラムとファイルの検索」欄内に[winword]と入力します。

するとワードのアイコンと winword という名前のプログラムが表示されますので、その上にマウスカーソルを移動し、[右クリック]、メニュー内の[管理者として実行]をクリックします。

Office2003-License-Agreement-019599_s4

ユーザーアカウント制御の画面が表示されたら[はい]をクリックします。

Office2003-License-Agreement-019595_s4

使用許諾契約書への同意画面が表示されますので、同意できる場合は[同意する]をクリックします。

動作確認

一度 Microsoft Office 2003 を終了して、もう一度 Microsoft Office 2003 を起動し、使用許諾契約書への同意画面が表示されなことを確認します。なお、 winword と入力してワードを起動する操作は一度だけでよく、以降は通常通りスタートボタンからワードやエクセルを起動します。

参考文献

注意

  • 本操作例は、Windows7 上で Microsoft Office 2003 SP3 を利用する例です
  • 使用許諾契約書への同意は、必ずしもワード上で行う必要があるわけではなく、操作例の1つです
  • Microsoft Office 2003 には、Microsoft Word 2003 や Microsoft Excel 2003 などが含まれます

関連記事

スポンサードリンク



Comments

comments

文書情報

» 公開日時: 2014.02.08 19:18