more コマンド

more コマンドを使用すると表示内容を区切って表示できます。

スポンサーリンク

準備

次のような内容のテキスト ファイルを作成します:

// hitsuji.txt
1匹目の羊
2匹目の羊
3匹目の羊
:
:
97匹目の羊
98匹目の羊
99匹目の羊

※表示の都合上、4-96 行を省略しています

テキスト ファイルの表示

テキストファイルの内容を表示する type コマンドで、作成したテキストファイルを読み込んで表示させます:

C:\Users\Owner>type "C:\hitsuji.txt"
1匹目の羊
2匹目の羊
3匹目の羊
:
:
97匹目の羊
98匹目の羊
99匹目の羊

C:\Users\Owner>

すると、一瞬ですべての行が表示され、表示終了とともにコマンドの実行が終了します。

Windows のコマンド プロンプトで実行している場合は、スクロールすることで、流れてしまった表示内容を確認することはできますが、あまり良い方法ではありません。

more コマンドの使用

more コマンドと組み合わせて使用することで、画面を確認しながら読みすすめることができるようになります:

C:\Users\Owner>type "C:\hitsuji.txt" | more
1匹目の羊
2匹目の羊
3匹目の羊
:
:
27匹目の羊
28匹目の羊
29匹目の羊
-- More  --

ちょうど1画面分表示されたところで「– More –」が表示され、一時停止します。

more コマンドの操作

ここでキーを押すと操作ができます:

  • スペース キー … 次の1画面に進みます
  • エンター キー … 次の1行が表示されます
  • q キー … 終了します

スペース キーを押して次の1画面に進んだ例:

C:\Users\Owner>type "C:\hitsuji.txt" | more
1匹目の羊
2匹目の羊
3匹目の羊
:
:
28匹目の羊
29匹目の羊
30匹目の羊
-- More  --

エンター キーを押して次の1行が表示された例:

C:\Users\Owner>type "C:\hitsuji.txt" | more
1匹目の羊
2匹目の羊
3匹目の羊
:
:
56匹目の羊
57匹目の羊
58匹目の羊
-- More  --

q キーを押して終了した例:

C:\Users\Owner>type "C:\hitsuji.txt" | more
1匹目の羊
2匹目の羊
3匹目の羊
:
:
27匹目の羊
28匹目の羊
29匹目の羊

C:\Users\Owner>

more コマンドの活用

more コマンドには様々なオプションが提供されています:

C:\Users\Owner>more /?
出力を一度に 1 画面ずつ表示します。

MORE [/E [/C] [/P] [/S] [/Tn] [+n]] < [ドライブ:][パス]ファイル名
コマンド名 | MORE [/E [/C] [/P] [/S] [/Tn] [+n]]
MORE /E [/C] [/P] [/S] [/Tn] [+n] [ファイル]

    [ドライブ:][パス]ファイル名
            一度に 1 画面ずつ表示するファイルを指定します。

    コマンド名
            出力を表示するコマンドを指定します。

    /E      拡張機能を有効にします。
    /C      ページを表示する前に画面を消去します。
    /P      フォーム フィード文字を展開します。
    /S      複数の空白行を 1 行に縮小します。
    /Tn     タブを n 個のスペースに置き換えます (既定値は 8 です)。

            スイッチは MORE の環境変数として設定することが可能です。

    +n      最初のファイルを n 行目から表示します。

    ファイル
            表示するファイルの一覧を指定します。ファイル名はスペースで
            区切ってください。

    拡張機能が利用できる場合、-- More -- プロンプトで以下のコマンドを
    使用できます。

    P n     次の n 行を表示します。
    S n     次の n 行をスキップします。
    F       次のファイルを表示します。
    Q       終了します。
    =       行番号を表示します。
    ?       ヘルプを表示します。
    <space> 次ページを表示します。
    <ret>   次の行を表示します。

more コマンドを活用すれば、行番号の表示、指定行からの表示、空白行を圧縮して表示などが可能です。

参考

type コマンドについては、次の内容をご参照ください:

C:\Users\Owner>type /?
テキスト ファイルまたはファイルの内容を表示します。

TYPE  [ドライブ:][パス]ファイル名

関連

コマンド プロンプトを開く方法については、次のサポート記事をご参照ください:

注意

  • 本操作例は、 Windows 10 (Ver.1909) のものです

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました