[Windows7] USB メモリーにファイルが保存されたかを確認する方法

USB メモリーはUSB コネクタに差し込むことで簡単にデータを保存することができるもので、データの持ち運びや容量の小さな大切なデータのバックアップにも利用することができます。

よくご質問を頂戴する「マイドキュメントやデスクトップ上のファイルをUSB メモリーに保存するにはどうしたらよいか?」の操作手順を紹介します。

今回はUSB メモリーにファイルを保存したファイルが正しく書き込まれたかを確認する方法です。

スポンサードリンク

USB メモリーにファイルが保存されたかを確認する場合は?

まず、USB メモリーをパソコンに挿入します。USB コネクタには上下がありますので注意して挿入します。

自動再生が表示された場合

「自動再生」が表示された場合は[フォルダーを開いてファイルを表示]をクリックします。

自動再生が表示されなかった場合

コンピューターを開きます。

USBメモリーを開きます。

ファイルの確認

USBメモリーに「送った」ファイルが存在するかを確認します。また、上書きした場合は日付を確認します。

※「両方のファイルを保持する」を選択した場合はファイル名が自動的に一部変更されていますので注意します

注意

  • 本操作例はWindows7 SP1 64bitのものです

関連記事

スポンサードリンク