DKIM 認証とは何ですか?

DKIM 認証とは何ですか?

DKIM はメールの送信認証技術です。SPF 認証がIP アドレスベースで行われるのに対し、DKIM は電子署名でこれを行います。

メール送信時に秘密鍵を使って署名を付加し、送信します。

メールを受信した側は送信元に公開鍵を照会し、情報が正しいかを検証します。

送信者を偽ったとしても、受信側で公開鍵を取得し送信情報と照合できなければ、そのメールは正しいものでないことが検出可能です。

※ここで言う「署名」は、文末に追記する送信者の名前や住所ではありません

DKIMは、署名するMail transfer agent(MTA)から検証するMTAまで、ほぼエンド・ツー・エンドの完全性を提供する。多くの場合、署名するMTAが発信者に代わりDKIM-Signatureヘッダを追加し、また検証するMTAがDNSを通じて発信者の公開鍵を検索する事で、受信者に代わり署名の正当性を立証する。
(「ドメインキー・アイデンティファイド・メール – Wikipedia」より引用)

電子署名を利用した、電子メールの送信ドメイン認証技術の一つ。深刻な社会問題となっているスパムメール、フィッシングメールなどの迷惑メールへの対抗策としてYahoo!社、Cisco Systems社、Sendmail社、PGP社の4社により共同開発された。
(「DKIMとは【DomainKeys Identified Mail】 – 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典」より引用)

スポンサードリンク

詳しくは以下を参照ください:

注意

  • 正しい設定を行っていても、受信拒否や迷惑メールに分類されてしまうことがあります
  • 設定を行うにはSEECK.JP がドメインを管理しており、ネームサーバーやDNS レコードを任意に変更できる必要があります

関連記事

スポンサードリンク