[CC9] ケーブルモデムのランプ状態の確認(MNG-2300)

ケーブルテレビ会社の提供するインターネット接続サービスを利用する場合には、ケーブルモデムが必要です。

以下はその1つの装置をランプの状態です。

このランプ状態はとても重要なため、ケーブルテレビでもSEECK.JP でも伺います。

インターネットに接続できないなどの問題が発生した際は、ケーブルテレビの電源を一度切り、再投入してみてください。殆どの場合はこの手順で通信を回復できます(ただし、ケーブルテレビ会社がメンテナンス中でないことを確認して下さい)。

また、雷鳴の後から通信ができなくなった場合は、宅内装置かケーブルテレビ会社までの経路で障害が発生してい可能性があります。詳しくはケーブルテレビ会社のサポートへお問い合わせください。

ケーブルモデムのランプ状態の確認(MNG-2300)

ランプの並び順

左からpwr/usb/pc/tx/rx/sync/rdy になっています。

  • usb は消灯していて構いません
  • pwr/pc/sync/rdy は点灯しなければなりません
  • tx/rx は点滅していてかまいません

正常な状態

  • pwr : 点灯
  • usb : 消灯
  • pc : 点滅*1 <点灯>
  • tx : 点滅*1 <消灯>
  • rx : 点滅*1 <消灯>
  • sync : 点灯
  • rdy : 点灯

スポンサードリンク

*1 通信のあったときのみ点滅します。通信のないときは<>内の状態です

レベルが取れていない状態

ケーブルモデムは、センターモデム(ケーブルテレビ会社内の装置)と通信するために、一定のレベル(利得)が無ければなりません。

上の図はレベルが取れていない場合やケーブルモデムの故障など、センターモデムとの通信が確立できないときの状態です。

なお、一定間隔でリトライを繰り返します。その時はrdy が点滅します。通信が確立できないときは再び消灯し、次回のリトライまで待機します。

注意

  • 本内容はケーブルテレビ株式会社(旧称:栃木ケーブルテレビ)(CC9)の提供するサービスおよび貸与機器のものです。同一機種でもサービスを提供するケーブルテレビ局が異なる場合は、ご利用中のケーブルテレビ局にお問い合わせください。
  • ケーブルテレビのサポートから通信機器の「初期化」を促された場合は必ず拒否し、SEECK.JP に連絡してください。初期化しますとSEECK.JP のサービスに必要な情報が消去されてしまいます。再設定の場合は有償になることがあります。なお、通信機器の「再起動」は問題ありませんので積極的に行ってください。

関連記事

スポンサードリンク