「仮想マシン マネージャ」に接続先を追加する方法

仮想マシンマネージャ(virt-manager)を利用すると、ローカルまたはリモートの仮想マシンを管理できます。

ここでは、ローカルの接続先を追加する例を記載します。

スポンサーリンク

「仮想マシンマネージャ」に接続先を追加する方法

[アプリケーション]-[システムツール]-[仮想マシンマネージャ]をクリックします。

[ファイル]-[Add Connection]をクリックします。

「ハイパーバイザー」に[QEMU/KVM]、「接続」に[ローカル]を選択し、[接続]をクリックします。

仮想マシンの作成

リストに追加されたことを確認します。

引き続き仮想マシンの作成を行う場合は、次のサポート記事をご参照ください:

→ 「仮想マシンマネージャ」で仮想マシンを作成する方法

関連

注意

  • 本操作例は、Ubuntu 10.04 LTS のものです

スポンサードリンク