仮想化ソリューション

仮想化技術を利用すると、1つの物理マシン内で1つ以上の仮想マシンを稼働させることができます。

仮想化を行うことで次のようなメリットがあります:

  • 物理的なサーバーを集約することにより、サーバー台数の削減が行える
  • 一時的な環境が必要になった際に、物理マシンを準備する必要がない
  • 物理マシンの変更による影響を受けない
  • 物理マシンが故障しても別の物理マシンで直ぐに再稼働が可能
  • 負荷に応じて稼働する物理サーバーの調整が可能
  • 電気代金等の節減が可能
  • 古いOS 上で動作するシステム資産を稼動し続けられる

仮想化技術は複数あり、それらの技術の個々の特性を理解して適切なハードウェアおよびソフトウェアを選定する作業も重要です。また、内容によっては仮想化ではなく専用サーバーやVPS を選択するほうが良いこともあります。

SEECK.JP では、複数の仮想化技術を用いて管理運用を行なっており、蓄積されたノウハウをお客様の問題解決に役立てることが可能です。なお、各OS のインストール方法については「OS 別インストール手順一覧」をご参照ください。

スポンサードリンク

VirtualPC

以下の製品については、「VirtualPC」をご参照ください。

  • Windows VirtualPC
  • Windows XP Mode
  • Microsoft VirtualPC 2007
  • Microsoft VirtualPC 2004
  • Microsoft VirtualPC

VirtualBox

以下の製品については、「VirtualBox」をご参照ください。

  • VirtualBox

VMware

以下の製品については、「VMware」をご参照ください。

  • VMware Player
  • VMware Workstation
  • VMware vCenter Converter
  • VMware Server2
  • VMware Server
  • VMware vSphere Hypervisor

Xen

以下の製品については、「Xen」をご参照ください。

  • Xen
  • XenServer
  • XenCenter

QEMU/KVM

以下の製品については、「QEMU/KVM」をご参照ください。

  • QEMU
  • KVM
  • QEMU/KVM
  • 仮想マシンマネージャ(virt-manager)

仮想ハードディスク

VHD

注意

  • サポートを行なっていない製品も含みます
  • 各サポート記事では解説のためにデスクトップ環境(GUI)での操作例を含みますが、SEECK.JP が仮想化を行う場合は通常、サーバーではデスクトップ環境を利用せずにCUI での構築となります(※あくまでサーバー環境についてであり、その場合でもユーザーはデスクトップ環境を利用できますので意識せずに利用可能です)

スポンサードリンク