仮想化技術


仮想化技術の一覧とダウンロードやインストール等の情報への簡易インデックス ページです。

仮想化技術を利用すると、1つの物理マシン内 (ホスト) で1つ以上の仮想マシン (ゲスト) を稼働させることができます。

仮想化を行うことで次のようなメリットがあります:

  • 物理的なサーバーを集約することにより、サーバー台数の削減が行える
  • 一時的な環境が必要になった際に、物理マシンを準備する必要がない
  • 物理マシンの変更による影響を受けない
  • 物理マシンが故障しても別の物理マシンで直ぐに再稼働が可能
  • 負荷に応じて稼働する物理サーバーの調整が可能
  • 電気代金等の節減が可能
  • 古い OS 上で動作するシステム資産を稼動し続けられる

各仮想化技術の特性を理解して適切な選択を行うことが重要です。

スポンサードリンク

Hyper-V

主な製品:

  • Hyper-V

これらの製品については、次のサポート記事をご参照ください:

※本ページの「仮想ハード ディスク」の項もご参照ください

Virtual PC

※Virtual PC については、Hyper-V の項をご参照ください

主な製品:

  • Windows Virtual PC
  • Windows XP Mode
  • Microsoft Virtual PC 2007
  • Microsoft Virtual PC 2004

これらの製品については、次のサポート記事をご参照ください:

※新しい情報については Hyper-V の項をご参照ください

LXC

LXC に関するサポート記事は、まだありません。

LXD

LXD に関するサポート記事は、まだありません。

Docker

Docker に関するサポート記事は、まだありません。

VMware

主な製品:

  • VMware Player
  • VMware Workstation
  • VMware vCenter Converter
  • VMware Server 2
  • VMware Server
  • VMware vSphere Hypervisor
  • VMware vSphere Hypervisor (ESXi)

これらの製品については、次のサポート記事をご参照ください:

VirtualBox

主な製品:

  • VirtualBox

これらの製品については、次のサポート記事をご参照ください:

QEMU/KVM

主な製品:

  • QEMU
  • KVM
  • QEMU/KVM
  • 仮想マシンマネージャ(virt-manager)

これらの製品については、次のサポート記事をご参照ください:

Xen

主な製品:

  • Xen
  • XenServer
  • XenCenter

これらの製品については、次のサポート記事をご参照ください:

仮想ハードディスク

VHDX

VHDからの向上点

・最大64TBまでサポート

・メタデータの二重化とログジャーナリングによる耐障害性の向上

・アライメントを考慮したデータ割り当て 任意のデータを埋め込めるカスタムメタデータのサポート (「VHD (ファイルフォーマット) – Wikipedia」より引用)

VHD

VHD については、以下のサポート記事をご参照ください:

関連

注意

  • サポートを行なっていない製品も含みます
  • 各サポート記事では解説のためにデスクトップ環境 (GUI) での操作例を含みますが、SEECK.JP が仮想化を行う場合は通常、サーバーではデスクトップ環境を利用せずに CUI での構築となります (※あくまでサーバー環境についてであり、その場合でもユーザーはデスクトップ環境を利用できますので意識せずに利用可能です)

スポンサードリンク