VMware

VMware (ぶい えむ うぇあ) が提供する仮想化技術に関するサポート記事の簡易インデックス ページです。

スポンサーリンク

VMware vSphere Hypervisor (ESXi)

VMware ESXからコンソールOS(VMware VirtualCenter、カスタマイズされたLinux)を除き、さらに単独での運用に特化したクラスタ機能を含まない製品。従来の名称は VMware ESXi。マイクロソフトのHyper-Vに対抗するために無償公開される前はInfrastractureの一部だった。VMware ESX同様、ホストOS環境を必要としないハイパーバイザ型の仮想化OS(中略)サービス・コンソールは別のコンピュータ(現在はWindows XP以降)で実行し、ネットワーク経由で操作する。動作条件としてIntel VTまたはAMD-Vに対応したマルチコアCPUを要求するほか、ESXiが対応するデバイスドライバを持ったハードウェア
(「VMware – Wikipedia」より引用)

主なサポート記事:

VMware Player

VMware Player は、ホストOS 上で動作する仮想化ソフトウェアです。

  • 3.x – 仮想マシンを作成する機能の追加
  • 4.x – 64 ビット対応 CPU が必須

主なサポート記事:

VMware Workstation

※終了

VMware Server2

2006年2月のリリース以前はGSX Serverとして有償で提供されていた。英語版のみ
(「VMware – Wikipedia」より引用)

※終了

VMware Server 2 のサポートは 2011 年 6 月 30 日をもって終了しました
(「VMware Server の FAQ、無償の仮想化によるサーバ統合」より引用)

VMware Server

※終了

VMware vCenter Converter

元々 は既存のシステムを仮想マシンに変換・移行する ユーティリティであったが、現在はそれに加えて、他社の仮想マシンフォーマットをVMwareの仮想マシンフォーマットに変換する機能も備えている。旧名 「P2V Assistant」、「VMware Converter」(バージョン3時代)(「VMware – Wikipedia」より引用)

関連

スポンサードリンク