VMware Player4 をインストールする方法

VMware Player は仮想化ソフトウェアの1つです。

ここではWindows 環境にVMware Player4 をインストールする方法を記載します。なお、VMware Player5 については、次のサポート記事をご参照ください:

→ VMware Player5 をインストールする方法

ダウンロード

VMware Player のダウンロード: VMware の仮想化を無償で提供」からダウンロードします。

スポンサードリンク

※ダウンロードにはユーザ登録が必要です

インストール

インストーラーの起動

ダウンロードしたインストーラーを実行します。

※この例では「VMware-player-4.0.2-591240.exe」を実行します

「VMware Player のインストール ウィザードへようこそ」と表示されたら[次へ]をクリックします。

インストール先の選択

「インストール先フォルダ」が表示されたら[次へ]をクリックします。

※変更も可能ですが通常はそのまま[次へ]をクリックします

ソフトウェアの更新

「ソフトウェアの更新」が表示されたら、[次へ]をクリックします。

※起動時にアップデータの確認をしたくない場合は、「起動時に製品の更新を確認する」のチェックを外します

ユーザーエクスペリエンス改善プログラム

「ユーザー エクスペリエンス改善プログラム」が表示されたら、[次へ]をクリックします。

※匿名の統計情報を送信したくない場合は「VMware の改善に協力する」のチェックを外します

ショートカット

「ショートカット」が表示されたら、[次へ]をクリックします。

インストールの開始

「要求された操作を実行する準備ができました」と表示されたら[続行]をクリックします。

(インストールされます。完了するまで待ちます)

インストールの完了

「セットアップ ウィザードの完了」が表示されたら、[今すぐ再起動]をクリックして再起動します。

初回起動

起動のしかた

本操作例によってVMware Player をインストールした場合はデスクトップにVMware Player のショートカットが作成されていますので、これを開きます。

※スタートから開く場合は、[スタート]-[すべてのプログラム]-[VMware]-[VMware Player]をクリックして開きます(Windows7 の場合)

ライセンスへの同意

使用許諾契約に同意できる場合は[使用許諾契約の条項に同意します]を選択し、[OK]をクリックします。

アップデートがある場合

起動時にアップデータのチェックを行う設定になっている場合で、アップデータが見つかった場合は表示されます。

※この例では「VMware Workstation8」が表示されていますが、インストールしませんので[このバージョンをスキップ]をクリックしました

仮想マシンの作成

VMware Player が起動しました。

仮想マシンの作成を行うには、次のサポート記事をご参照ください:

→ VMware Player 仮想マシンの作成例 ? SEECK.JP サポート

注意

  • 本操作例は、Windows7 SP1 64bit にVMware Player4 をインストールするものです

関連記事

スポンサードリンク