PowerPoint ファイルを PDF として発行する方法

PowerPoint は、マイクロソフト社製のプレゼンテーション作成ソフトウェアです。

PowerPoint を利用してプレゼンテーション・ファイルを作成・編集し、配布する場合は、配布先にPowerPoint や PowerPoint Viewer がインストールされている必要があります(上図はPowerPoint ファイルが開けない例)。

→ PowerPoint Viewer 2007をインストールする方法

しかし、セキュリティーポリシー等の理由によりインストールができない場合もあります。そのような場合でもPDF ファイルとして発行することにより閲覧が可能になることがあります。これは、PDF ファイルを閲覧できる環境が多いためですが、PDF ファイルを開くにはAdobe Reader がインストールされている必要があります。

→ [Adobe] Reader のインストール方法

ここではPowerPoint をPDF ファイルとして発行(保存)する方法を記載します。

スポンサードリンク

PowerPoint ファイルをPDFとして発行する方法

PowerPoint を起動し、対象のファイルを表示します。

[名前を付けて保存]?[PDF または XPS]を選択し、保存先やファイル名を指定して[発行]をクリックします。

動作確認

保存したPDF ファイルをAdobe Reader で開き、正しく表示されるかを確認します。

注意

  • 本操作例は、Windows7 上でMicrosoft Office PowerPoint 2007 で作成したプレゼンテーション・ファイルをPDF 形式として保存する方法です

スポンサードリンク