[iPhone] Wi-Fi だけでiOS6 にアップデートする方法

ここでは、iTunes を利用せず、Wi-Fi のみを利用して、iOS5.x からiOS6 にアップデートする例を記述します。なお、すでにiPhone は無線LAN に接続されているものとします。

スポンサードリンク

※iTunes を利用してiOS をアップデートする場合は以下のサポート記事をご参照ください:

→ [iTunes] iOS をアップデートする方法

Wi-Fi だけでiOS6 にアップデートする方法

アップデートを確認

[設定]をタップします。

[一般]をタップします。

[ソフトウェアアップデート]をタップします。

アップデートが存在するか確認されますので、完了するまで待ちます。

アップデートがない場合

アップデートがある場合

容量が足りない場合

iPhone の空き容量が不足している場合、「このアップデートには2.5GB 以上の空き容量が必要です」と表示され、作業を続行することはできません。空き容量を増やしてから再度手順を繰り返します。

空き容量がある場合

[ダウンロードしてインストール]をタップします。

利用条件が表示されます。同意できる場合は、[同意する]をタップします。

ダウンロードされますので、完了するまで待ちます。

ダウンロードが完了すると、アップデート作業が開始されます。この作業中には、自動的にiPhone が再起動します。

iOS6 に更新され、iPhone が起動しますので、ロックを解除します。

パスコードが設定されている場合には、パスコードを入力します。

[続ける]をタップします。

接続するWi-Fi を選択して、[次へ]をタップします。

位置情報サービスを利用するか選択し、[次へ]をタップします。

AppleID にサインインするために、パスワードを入力して、[次へ]をタップします。

利用規約に同意できる場合は、[同意する]をタップします。

iCloud 設定がアップデートされますので、完了するまで待ちます。

[iPhone を使う]をタップします。

キャリア設定アップデート

キャリア設定アップデートをアップデートする場合には、アップデートをタップします。

注意

  • 本操作例は、iPhone4S のものです

関連記事

スポンサードリンク