「Update Adviser (本体装置)」の使い方(富士通)

fmv-update-2_018789_s4

富士通製コンピュータに搭載されているソフトウェア 「Update Adviser (本体装置)」を利用すると、アップデートが必要なモジュールをかんたんに確認することができ、常に最新の状態を保つことができます。

スポンサードリンク

「Update Adviser (本体装置)」の使い方

起動のしかた

fmv-update-2_018760_s4

[スタート]-[Update Adviser]-[Update Adviser (本体装置)]をクリックします。

注意事項の確認

fmv-update-2_018761_s4

注意事項をよく読み、作業を続行する場合は[OK]をクリックします。

モード選択

fmv-update-2_018762_s4

[次へ]をクリックします。

調査

fmv-update-2_018763_s4

[次へ]をクリックします。

エラーが表示された場合

fmv-update-2_018764_s4

「アップデートサイトに接続できませんでした。」と表示された場合は、ネットワークに正しく接続できているかを確認し、再度実行します。

エラーが表示されない場合

fmv-update-2_018766_s4

(エラーがない場合は、「Update Adviser(本体装置)のバージョンを確認しています。」と表示されますので、完了するまで待ちます)

アップデートの必要がある場合

fmv-update-2_018771_s4

「お使いの UpdateAdviser (本体装置) をアップデートする必要があります。」と表示された場合は、[OK]をクリックします。

ダウンロードするモジュールの選択

fmv-update-2_018772_s4

[次へ]をクリックします。

ダウンロード実行

fmv-update-2_018773_s4

[次へ]をクリックします。

fmv-update-2_018774_s4

[はい]をクリックします。

fmv-update-2_018776_s4

(ダウンロードが完了するまで待ちます)

fmv-update-2_018777_s4

「UpdateAdviser(本体装置)のアップデートを行います。」と表示されたら[OK]をクリックします。

fmv-update-2_018780_s4

[次へ]をクリックします。

fmv-update-2_018781_s4

(セットアップが完了するまで待ちます)

fmv-update-2_018785_s4

[完了]をクリックします。

動作確認と再実行

fmv-update-2_018760_s4

[スタート]-[Update Adviser]-[Update Adviser (本体装置)]をクリックします。

適用方法選択

fmv-update-2_018789_s4

[アップデートサイトに接続し、このコンピューターに適用できるモジュールをダウンロードし、適用する]をクリックします。

調査

fmv-update-2_018790_s4

[次へ]をクリックします。

fmv-update-2_018791_s4

(調査が完了するまで待ちます)

※時間がかかる場合があります

利用可能なモジュールがない場合

fmv-update-2_018793_s4

[完了]をクリックします。

利用可能なモジュールがある場合

前述した内容を参考にアップデート作業を行います。

注意

  • 本操作例は、Windows XP がプリインストールされた富士通製コンピュータのものです
  • 本操作例は、出荷状態のバージョンから V3.70 L10 にアップデートした例です

スポンサードリンク