「遠隔操作で犯罪予告をする不正プログラム専用駆除ツール」の使い方

一部報道にあるように、あなたのパソコンに第三者が命令を送り、あたかもあなたが犯罪行為を行ったかのようにされてしまう不正なプログラムが存在します。

これに対し、それらの不正なプログラムがパソコンに入り込んでいないかをチェックする対策ツールが、ウィルスバスターなどを手がけるセキュリティ関連企業トレンドマイクロ社から「遠隔操作で犯罪予告をする不正プログラム専用駆除ツール」として公開されました。

スポンサードリンク

ここでは「遠隔操作で犯罪予告をする不正プログラム専用駆除ツール」の使い方を記載します。

「遠隔操作で犯罪予告をする不正プログラム専用駆除ツール」の使い方

遠隔操作で犯罪予告をする不正プログラム専用駆除ツール | 製品Q&A:トレンドマイクロ」にアクセスし、32bit 用または64bit 用を選択します。お使いのパソコンが32bit か64bit かわからない場合は、次のサポート記事をご参照ください:

→ [Windows] 32ビットか64ビットか調べるには?

「ウィルス対策ツールキット 使用許諾契約書」が表示されますので、同意できる場合は[同意]をクリックします。すると、実行するか保存するかを選択する表示がありますので、[実行]をクリックします。

「遠隔操作で犯罪予告をする不正プログラム専用駆除ツール」が起動しました(後ろの黒い画面もソフトウェアの一部です)。

スキャンの開始

[Scan Now]をクリックします。

(スキャンが完了するまで待ちます。スキャンには時間がかかることがあります)

発見されなかった時

上記画像のように、緑のチェックマークが表示された場合は、不正なプログラムは見つかりませんでしたので、安全です。

発見された時

上記画像と異なり、発見された旨の表示があった場合には、SEECK.JP までご連絡ください。なお、発見された時の画像は「遠隔操作で犯罪予告をする不正プログラム専用駆除ツール | 製品Q&A:トレンドマイクロ」に記載されています。

スキャン完了後

(黒い画面が閉じるまで待ちます。これには時間がかかることがあります)

デスクトップ上にResult (結果)というテキストファイルが作られており、以下の様な内容になっています:

OutputResultPath=C:\Users\Owner\Desktop\TrendMicro AntiThreat Toolkit\Output\2012.10.21-0335.13_48E021CB-001C-0067-0046-00176371E41C_14275.zip
 OutputResultValue=0

ファイル「Result.txt」が不要の際は削除します。

またフォルダ「TrendMicro AntiThreat Toolkit」も不要の場合には削除します。

注意

  • 本操作例は、Windows7 SP1 64bit のものです

関連記事

スポンサードリンク


文書情報

» 最終更新: 2012.10.21 05:15
» 公開日時: 2012.10.21 05:14