Office 365 アップデートの実行と設定方法

Microsoft Office 365 の自動更新の確認と設定方法です。

スポンサーリンク

Office 365 アップデートの実行と設定

[スタート]ボタンをクリックし、 Excel を起動します。

左側の[アカウント]をクリックします。

アップデート設定の確認

[更新オプション]欄に「更新プログラムは自動的にダウンロードされインストールされます。」と表示されている場合は、自動更新が有効になっています。「この製品は更新されません」 と表示されている場合は、自動更新が無効になっています。

アップデート設定

[更新オプション]をクリックすると、以下の選択が可能です:

  • 今すぐ更新
  • 更新を無効にする
  • 更新を有効にする
  • 更新プログラムの表示
  • 更新プログラムの詳細

「今すぐ更新」

[今すぐ更新]をクリックすると、更新プログラムを確認します。

最新の状態になっている場合は、「最新の状態です。最新バージョンの Office がコンピューターにインストールされています。」と表示されますので、[閉じる]をクリックして閉じます。

「更新を無効にする」

「更新を無効にする」をクリックすると、ユーザー アカウント制御が表示され、[はい]をクリックすると更新が無効になります。「この製品は更新されません」と表示されます。

この設定は、他の Office 製品にも影響します。例えば Excel で更新を無効にすると、Word の更新も無効になります。

更新を有効にする場合は、同様の手順で[更新を有効にする]をクリックします。

「更新プログラムの表示」

「更新プログラムの表示」をクリックすると、ウェブブラウザが起動し、現在の更新についての説明ウェブページが表示されます。とても便利な機能が追加されている場合もありますので、興味や時間があるときに訪れてみましょう。

「更新プログラムの詳細」

自動更新が有効になっている場合の表示例:

この Office 製品の更新処理が既定で有効になっており、更新プログラムがインターネット接続を介して自動的にダウンロードされてからインストールされます。更新状況を確認したり、更新処理のオン/オフを切り替えたりするには、[ファイル] タブをクリックし、[アカウント] をクリックします。Office 更新プログラムで、現在の更新状況を確認したり、自動更新処理のオン/オフを切り替えたりすることができます。

バージョンを確認する方法

バージョンを確認する場合は、次のサポート記事をご参照ください:

関連

注意

  • 本操作例は、Windows 10 (Ver.1809) にインストールされた Microsoft Office 365 に含まれる Excel (Ver.1903) のものです

スポンサードリンク