「画像ファイルのプロパティに問題があるため、Windows フォト ビューアーでこの画像への変更を保存できません」と表示されました

注:ここでは表示されるエラーから推測できる様々な原因のうち、iPhone で撮影した写真データをWindows パソコンに取り込み、画像を回転させて保存しようとした際に表示されるエラーについて取り扱います

スポンサードリンク

iPhone で撮影した写真をパソコンに取り込んで、Windows7 に搭載されている「Windows フォト ビューアー」で表示させると、撮影の方法によっては上下が逆さになることがあります。

「Windows フォト ビューアー」では簡単に写真を回転させて表示することができ、その状態で別の写真に移動するか「Windows フォト ビューアー」を閉じると回転させた状態で保存できます。

これは、iPhone で撮影した写真データの上下補正を簡単に行える方法です。

「画像ファイルのプロパティに問題があるため、Windows フォト ビューアーでこの画像への変更を保存できません」と表示されました

しかし、保存しようとした際に次のエラーが表示されることがあります:

「画像ファイルのプロパティに問題があるため、Windows フォト ビューアーでこの画像への変更を保存できません」

SEECK.JP で確認したところ、iPhone4S で撮影した写真において、本現象を確認しました。

発生しやすい状態

断定できる確定的な情報は現在のところありませんが、写真撮影時に処理遅延があったり、連続撮影を行った際に本現象が起きる確率が高いように思います。

回避策

このことから、撮影もしくはそのデータを保存する際の処理におてい問題が発生する可能性がありますので、大切な写真を撮影する場合には、一呼吸置いてから数枚撮影しておくことをお勧めします。

撮影済みデータの修復

なお、すでに撮影済みの写真データで本エラーが表示されてしまい、修正したい場合にはSEECK.JP へお問い合わせください。

注意

  • 本エラー例は、iPhone4S で撮影した写真データをWindows7 SP1 64bit パソコンに取り込み、回転させて保存しようとした際に表示されたものです

関連記事

スポンサードリンク

2 thoughts on “「画像ファイルのプロパティに問題があるため、Windows フォト ビューアーでこの画像への変更を保存できません」と表示されました”

  1. @ginnosharin

    @ippei_fan 『「画像ファイルのプロパティに問題があるため、Windows フォト ビューアーでこの画像への変更を保存できません」と表示されました』 http://t.co/FETaN1z5 解決策がないw

Comments are closed.