[Windows7] 「復元ポイント」を作成する方法

Windows 7 には Windows XP で搭載されていた「システムの復元」相当の機能と、さらにファイルや設定の保護が可能になっています。

ここでは「システムの復元」機能の「復元ポイント」を手動で作成する方法を記載します。

スポンサーリンク

「復元ポイント」を作成する方法

[スタート]をクリックし、[コンピュータ]を[右クリック]、[プロパティ]をクリックします。

コントロールパネルのシステムが表示されますので、[システムの保護]をクリックします。

「システムのプロパティ」が表示されますので[システムの保護]タブを選択し、[作成]をクリックします。

どのようなタイミングで復元ポイントを作成するのかをメモします。

ここでは例として「これから新しいソフトウェアをインストールする」としました。これからインストールするソフトウェアに問題があった場合、今回作成する復元ポイントまで戻す操作を行うためです。

「復元ポイントを作成しています…」と表示されます。しばらく待ちます。

「復元ポイントは正常に作成されました」と表示さたら[閉じる]をクリックして終了します。

復元ポイントを削除する

→ [Windows 7]「システムの保護」の有効無効を設定する方法

復元ポイントを使う

→ [Windows 7]システの復元

注意

  • 本操作例は Windows 7 のものです

スポンサードリンク