Internet Explorer 6 でダウンロードできない

Internet Explorer 6 (インターネット エクスプローラ 6) に更新、またはインストールすると今までと少し勝手が違うことがあります。

これは、セキュリティーを高めるために、一呼吸おき、よく考えてから行動しよう!という意味合いのものと考えてください。

スポンサードリンク

基本的には今までと同じですが、いくつかステップが増えましたので、こちらで解説いたします。なお、この解説は「Lhaplusをインストールするには?」に対応した例です。

Internet Explorer 6 でダウンロードできない

ファイルをダウンロードしようとすると、インターネット エクスプローラー (ブラウザ) の画面に黄色い帯状の警告文が表示されます。

このファイルや配布元サイトを信用できる場合には「セキュリティーを保護するため~」と書かれた黄色い帯状の場所をクリックし、「ファイルのダウンロード」をクリックします

これまでのインターネット エクスプローラと同様に、ファイルをどのようにするかを選択するダウンロード画面になります。

この例では「保存」をクリックし、任意の場所に保存します。

どこに保存するかを選択する画面になります。

ここでは例としてデスクトップに保存します。

左側のリストから「デスクトップ」を選択するか、保存する場所から「デスクトップ」を選択します。

選択が終わったら、「保存」をクリックしてファイルを保存します。

ダウンロードが完了すると、ダウンロードしたファイルをどうするか聞かれます。

ここでは実行しますので「実行」をクリックします。

(ファイルによっては「実行」ではないボタンが表示されることがあります。)

最終的な警告が表示されます。

ダウンロードしたファイルが実行ファイルだった場合に表示されます。

実行ファイルとは、パソコンのシステムに影響を及ぼす手順(プログラム)の書かれたファイルをさします。

ここでは、ダウンロードしたインストール プログラムを実行しますので、「実行する」をクリックします。

注意

  • 本操作例は、Windows XP + Internet Explorer 6 のものです

スポンサードリンク