Java Development Kit 7 をインストールする方法

JDK (Java Development Kit)をインストールする方法です。

JDK はJava の開発用キットですので、通常は必要ありません。Java を必要とするソフトウェアを動作させるためにはJRE (Java Runtime Environment)をインストールします。なお、JDK はJRE を含みます。

スポンサーリンク

ダウンロード

Java SE Downloads」にアクセスし、必要なJDK を選択します。

プラットフォームを選択します。

Windows 版には、32bit 環境用の「Windows x86」と64bit 環境用の「Windows x64」があります。32bit か64bit かわからない場合はこちらのサポート記事をご参照ください。

[実行]をクリックします。

(ダウンロードが完了するまでしばらく待ちます)

[実行する]をクリックします。

インストール

JDK のインストール

[次へ]をクリックします。

[次へ]をクリックします。

JRE のインストール

[次へ]をクリックします。

[継続]をクリックします。

JavaFX SDK のインストール

[次へ]をクリックします。

[次へ]をクリックします。

[閉じる]をクリックします。

インストールの完了

すべてのインストールが完了するとウェブブラウザ(多くの場合 Internet Explorer )が起動しますので、閉じます。

動作確認

コマンドプロンプトの起動

コマンドプロンプトを起動します。

[Windows7]コマンドプロンプトを表示する方法 

コマンドの実行

コマンド「jarsigner」と入力し、[Enter]を押します。

有効な場合

使用方法: jarsigner [options]jar-file alias
?????? jarsigner -verify [options]jar-file [alias…]
[-keystore ]?????? キーストアの位置
[-storepass ]?? キーストア整合性のためのパスワード
[-storetype ]???? キーストアの型
 :
(略)
 :
[-strict]?????????????????? 警告をエラーとして処理

無効な場合

'jarsigner' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。

入力ミスがないか確認し、それでも同じ結果だった場合は、(この例の場合)「C:\Program Files\Java\jdk1.7.0_03\bin」にパスを通す必要があります。

[Windows]環境変数を追加する方法 

注意

  • 本操作例は Windows XP SP3 32bit に JDK7 をインストールしたものです

スポンサードリンク