Windows メモリ診断の使い方

メモリーに不具合があると、起動しなくなってしまったり、突然再起動してしまったり、ブルースクリーンになったりすることがあります。一方で、不具合があ りながらも(見かけ上)何ら問題なく動作してしまう(ように見える)ことがあります。また、メモリーの不具合は、わかりやすいものから、各種診断ツールを 利用して問題なしと報告されてしまうものもあり、判断するには専門的な知識のほかに経験等も必要になります。

Windows7 には、メモリー検査ツール「Windows メモリ診断」が標準搭載されています。次のサポート記事をご参照ください:

→ [Windows] メモリー診断ツールの起動方法 ? SEECK.JP サポート

スポンサードリンク

ダウンロード

「Microsoft オンライン クラッシュ ダンプ解析サービス – windiag」からダウンロードします。

[実行]をクリックします。

[実行する]をクリックします。

Windows メモリ診断の使い方

使用許諾契約書に同意できる場合は[Accept]をクリックします。

起動メディアの作成方法

Windows メモリ診断は、起動メディアから起動します。次の操作により、フロッピーディスクやiso イメージファイルが選択可能です。

フロッピーディスクを作成する場合

フロッピーディスクを作成する場合は、[Create Startup Disk … ]をクリックします。

作成するフロッピーディスクドライブを選択し、[Create]をクリックします。

完了したら[Cancel]をクリックします。

iso イメージファイルを保存する場合

iso イメージファイルを保存する場合は、[Save CD Image to Disk … ]をクリックします。

保存先を選択し、[保存]をクリックします。

※この例では「デスクトップ」に「windiag.iso」として保存しました

「File saved successfully」と表示されたら[OK]をクリックします。

完了したら[Cancel]をクリックします。

※保存したiso イメージファイルをディスクに書き込む方法については、次のサポート記事をご参照ください:

→ [Windows7] ディスクイメージファイルを書き込む方法 ? SEECK.JP サポート

起動ディスクから起動

起動ディスクから起動し、メモリ診断を行います。

※[x]キーを押すことで終了します

注意

  • 本操作例はWindowsXP SP3 32bit のものです
  • 起動ディスクはOS を問わずに利用できますが、起動ディスクを作成するためにはWindows パソコンが必要です
  • 搭載メモリ量が4G を越える場合、メモリ診断でテストできるのは最初の4G のみです

スポンサードリンク