メモリー診断ツールの起動方法

メモリーに不具合があると、起動しなくなってしまったり、突然再起動してしまったり、ブルースクリーンになったりすることがあります。

一方で、不具合がありながらも(見かけ上)何ら問題なく動作してしまう(ように見える)ことがあります。

また、メモリーの不具合は、わかりやすいものから、各種診断ツールを 利用して問題なしと報告されてしまうものもあり、判断するには専門的な知識のほかに経験等も必要になります。

スポンサーリンク

Windows メモリ診断ツール

Windows7 は「Windows メモリー診断ツール」が簡単に起動できるようになっています。「Windows メモリ診断ツール」について詳しくは次のサポート記事をご参照ください:

Windows メモリ診断

Windows7 以外でもメモリ診断は利用可能です。

起動用ディスクを作成することでOS (Windows)の入っていないパソコンや、Windows 以外が動作しているパソコンでのメモリ診断ができます。詳しくは次のサポート記事をご参照ください:

Memtest86+

Linux のインストールメディアなどは、インストールメニューのほか、特にインストール前にメモリ診断を行えるように、メモリ診断ソフトウェア「Memtest86+」が収録されていることがあります。各OS インストールメニュー内に表示されますので、次のサポート記事をご参照ください:

注意

  • 診断で問題が発見された場合は、専門家へご相談ください
  • 診断で問題が発見されないこともあります

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました