ジャンボ フレーム通信の設定と確認

ジャンボフレーム(JumboFrame) は、送受信するパケットのサイズを大きくすることで、通信時のオーバーヘッドを減らし、結果として高速通信を可能にします。

※本内容は中?上級者向けです

スポンサーリンク

ジャンボフレーム通信の設定と確認

デバイスマネージャーから対象NIC のプロパティを表示し、確認や設定を行います。

「Intel(R) 82578DM Gigabit Network Connection」の設定例1

インテル社の場合は「ジャンボ・パケット」と表現しているようです。既定値は[オフ]になっており、[4088 バイト]が選択可能になっています。

「Intel(R) 82578DM Gigabit Network Connection」の設定例2

インテル社の場合は「ジャンボ・パケット」と表現しているようです。既定値は[オフ]になっており、[4088 バイト]が選択可能になっています。

「Intel(R) PRO/1000 MT Mobile Connection」の例

「Jumbo Packet」の値を「Disable」「16128 Bytes」「4088 Bytes」「9014 Bytes (Alteon)」から選択します。

参考

※Jumbo Frame で通信を行うには、ネットワーク上のすべての機器が対応している必要があります

注意

  • 本操作例はWindows7 SP1 64bit のものです
  • ジャンボフレーム関連の用語や表現は各メーカーによって異なる場合があります
  • ジャンボフレーム通信を行う場合には、対応した端末やネットワーク機器が必要です
  • 変更した設定を適用する際、ネットワーク通信が遮断されることがあります
  • 不適切な設定を行うと、通信が正常に行えなくなる可能性があります

スポンサードリンク