[Windows7] CD-R にデータを保存する方法

Windows7 の標準機能を使ってCD-R にデータを保存する方法です。

写真や大切なデータは、パソコン内だけでなく、外部にも保存しておきましょう。

保存したいファイルやフォルダを[右クリック]して、[DVD RWドライブ(E:)]をクリックします。

※お使いの環境によって「DVD RWドライブ」の名称が異なることがあります。また、「(E:)」はドライブレターと言いますが、これも環境によって異なることがあります。

 

[CD/DVD プレイヤー使用する]を選択して、[次へ]をクリックします。

※「USB フラッシュ ドライブと同じように使用する」ほうが利便性は高いのですが、ここではCD/DVD形式を選択します。なお、この場合のCD/DVD形式は「音楽プレーヤー」で再生できるものではありません。音楽プレイヤーで再生できる形式にするには手順が異なります。

 

書きこむファイルを準備しています。しばらく待ちます。

 

準備が終わると画面右下に「ディスクへの書き込み準備ができたファイルがあります」と表示されます。

 

[ディスクに書き込む]をクリックします。

 

[次へ]をクリックします。

 

ディスクに書き込みが行われています。しばらく待ちます。

 

[完了]をクリックして閉じます。

※同じデータを再度書き込みたい場合は[はい、これらのファイルを別のディスクに書き込む]にチェックを入れ、作業を必要なだけ繰り返します。

スポンサードリンク