CDを作るには?(Veritas Record Now編)

VeritasRecordNowを起動します

  1. スタートをクリック
  2. すべてのプログラム
  3. Veritas
  4. Veritasをクリック

上から3番目のボタン(データディスクの作成)をクリックします


クリックすると拡大します


空のCD-Rをドライブに挿入し、次ぎへをクリックします


クリックすると拡大します


今回はMP3等のデータからCDを作成しますので作成済みのデータを選択してください。選択するにはドラッグするか[フォルダとファイルを追加」を クックしてダイアログから選択します。ここではダイアログからの選択方法を下に解説します※このページではMP3作成方法は省かせていただきます


クリックすると拡大します


ダイアログから該当するファイルのある場所までクリックしていき、ファイルを選択して[追加]ボタンをクリックしてください


クリックすると拡大します


ファイルが追加された画面です。これでよければ[次へ]をクリックしてください。書き込みが始まります
(ポイント)ディスクの容量を越えるファイルを選択すると、その旨のメッセージが表示され追加できません。容量を確認しながら追加してください


クリックすると拡大します


ディスクに書き込んでいる画面です


クリックすると拡大します


書き込みが終わるとベリファイを行います
(ベリファイとは?)書き込んだディスクの内容と、元データの内容が一致するか確かめる作業で、この場合転送エラーがなかったかなどを確かめます


クリックすると拡大します


書き込みが正常に終了するとこのような画面が表示されます。同じ内容のディスクをもう1枚作成する場合は[もう1枚作成]をこれで終わる場合には[完了]をクリックします


クリックすると拡大します

関連記事

スポンサードリンク