ショートカットとは何ですか?

ショートカットは「近道」です。

スポンサーリンク

ショートカット

例えば、[スタート]-[すべてのプログラム]-[グループ名]と順に選択して最後に[ソフトウェア名]をクリックすると目的のソフトウェアが利用できるとします。

しかし、よく使うソフトウェアを毎度この手順で呼び出すには手間がかかります。

そこで、この道順(手順)の近道(ショートカット)をデスクトップに作成しておきます。

次回からショートカットを開くだけで、すぐに目的のソフトウェアを使うことができます。

ショートカット・キー

ショートカット・キーというものもあります。

例えば、ある文字列をコピー(複製)する際に[範囲選択]-[編集]-[コピー](操作A)、[貼り付け先を選択]-[編集]-「貼り付け」(操作B)と長い手順を行わなければなりません。

しかし、慣れてくるとこれらが煩わしく感じます。

いくつかの作業にはショートカット・キーが用意されていて、操作Aなら[CTRL+C]、操作Bなら[CTRL+V]をキーボード操作することで時間を短縮することができます。

マウス操作

操作によってはマウスで作業したほうが速いこともあります。上記の作用をマウスで行う場合、[範囲選択]-[CTRL+貼り付け先までドラッグ]で同じ結果が得られます。

コマンド

コマンドは「命令」という意味で、パソコンに直接命令を伝える方法です。

例えば、Windows に標準搭載されている「メモ帳」というプログラムを呼び出すには[CTRL+R][notepad][Enter]で呼び出すことができます。

注意

  • ショートカットは近道だけを記録したファイルです。ショートカットを削除してもソフトウェアは削除されません
  • ソフトウェアによっては期待した動作をしないことがあります
  • すべての操作にショートカットが用意されているわけではありません
  • この情報は中級者以上向けで、コマンドは上級者向けです

スポンサードリンク