Windows7でVPN接続をセットアップする方法

XWSS020212_s4

VPN 接続を行うと、安価なインターネットを利用しつつ専用線を利用しているかのようなネットワークを構築できます。つまり、仮想的な専用線=Virtual Private Network というわけです。

これにより、インターネットを介して物理的な距離があるにもかかわらず、遠隔地のネットワークがあたかも同一のネットワークに接続されているかのような状態を構築することができます。(例えば、外出先から職場のファイルサーバーに接続するなどの利用ができます。)

ここでは、すでに構築済みのネットワークに Windows クライアントを接続する方法を記載します。

Windows7 で VPN 接続をセットアップする方法

XWSS020208_s4

[コントロール パネル]を開き[ネットワークとインターネット]をクリックします。

スポンサードリンク

XWSS020209_s4

[ネットワークに接続]をクリックします。

XWSS020210_s4

[ネットワークと共有センターを開く]をクリックします。

XWSS020211_s4

[新しい接続またはネットワークのセットアップ]をクリックします。

XWSS020212_s4

[職場に接続します]を選択し、[次へ]をクリックします。

XWSS020213_s4

[インターネット接続(VPN)を使用します]をクリックします。

XWSS020214_s4

「ユーザー名」と「パスワード」を入力し、[接続]をクリックします。

XWSS020216_s4

(接続されるまで待ちます)

XWSS020217_s4

「接続されています」と表示されたら、[閉じる]をクリックします。

接続の確認

XWSS020218_s4

「ネットワークと共有センター」を開くと、接続されているかを確認できます。

接続と切断

接続と切断については、次のサポート記事をご参照ください:

→ Windows7でVPNに接続・切断する方法

注意

  • 本操作例は、Windows7 から構築済みのネットワークに接続する例です

関連記事

スポンサードリンク

Comments

comments