富士通拡張機能ユーティリティのインストール方法

「富士通拡張機能ユーティリティ」をダウンロードしてインストールする方法です。

スポンサーリンク

富士通拡張機能ユーティリティ

「FUJ02E3 デバイス ドライバ」または「富士通拡張機能ユーティリティ」が正しくインストールされていない場合、「バッテリ充電制御アップデート ツール」が以下の表示をする場合があります:

【富士通からの重要なお知らせ】
FUJ02E3 デバイス ドライバ、または、富士通拡張機能ユーティリティが正しくインストールされていないため、バッテリの満充電量を切り替えることができませんでした。製品に添付の FUJ02E3 デバイス ドライバと富士通拡張機能ユーティリティのインストール状態を確認してください。

ここでは「富士通拡張機能ユーティリティ」をダウンロードしてインストールする方法を記載します。

富士通拡張機能ユーティリティのインストール方法

ダウンロード

以下よりダウンロードします:

[富士通拡張機能ユーティリティ]をクリックして[保存]をクリックします。

ダウンロードしたファイルをダブルクリックするか右クリックして[実行]をクリックして実行します。

一瞬黒い画面が表示され、ファイルの展開が実行されます。

完了するとインストール用のフォルダが作成されていますので、これを開きます。

インストール

[setup]をダブルクリックするか右クリックして実行します。

「インストールで使用する言語を次の中から選択してください。」と表示されたら「日本語」になっていることを確認して[OK]をクリックします。

「富士通拡張機能ユーティリティ の InstallSheild Wizard へようこそ」と表示されたら[次へ]をクリックします。

「インストール準備の完了」が表示されたら[インストール]をクリックします。

インストールが完了まで待ちます。

「InstallSheild Wizard の完了」が表示されたら[完了]をクリックして再起動します。

動作確認

再起動後にエラーが表示されなくなったか確認します。

エラーがない例

上図のような表示になった場合は、エラーはありません。

エラーが残る例

上図のような表示の場合は、もうひとつのソフトウェアをインストールします。

※ページ下部の「関連」をご参照ください

不要ファイルの削除

ダウンロードしたファイルと、ダウンロードしたファイルを実行して作成されたインストール用のフォルダは、もう必要でないため削除します。

関連

「FUJ02E3 デバイス ドライバ」をインストールする方法については、次のサポート記事をご参照ください:

「バッテリ充電制御アップデート ツール」をインストールする方法については、次のサポート記事をご参照ください:

注意

  • 本操作例は、Windows 10 (Ver.1909) のものです

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました