PowerShell を起動する方法

PowerShell を起動する方法です。

スポンサーリンク

PowerShell

PowerShell (ぱわー しぇる) は、コマンドライン インターフェイス (CLI) シェルおよびスクリプト言語です。

Windows 7 は標準で Windows PowerShell 2.0 が搭載され、同様に Windows 8 は 3.0、Windows 8.1 は 4.0、Windows 10 は 5.0 が搭載されています。

また、Windows Server 2008 R2 は標準で Windows PowerShell 2.0 が搭載され、同様に Windows Server 2012 は 3.0、 Windows Server 2012 R2 は 4.0 が搭載されています。

なお、Windows XP など Windows PowerShell が標準搭載されていないバージョンの Windows や、標準搭載されているバージョンと異なるバージョンの Windows PowerShell をインストールできる場合があります。

さらに、オープンソース化された PowerShell Core 6.0 がリリース、ランタイムが .NET Framework から .NET Core 2.0 に変更され、これにより Windows、 macOS、 Linux のクロス プラットフォーム環境での動作が可能になりました。PowerShell は、現在も活発に開発されています。

種類

PowerShell 内には PowerShell と PowerShell ISE があり、それぞれに 64 ビットと 32 ビットがあります。さらに通常の起動と管理者権限での起動があります。

  • Windows PowerShell
  • Windows PowerShell (x86)
  • Windows PowerShell ISE
  • Windows PowerShell ISE (x86)

Windows PowerShell の起動例。

Windows PowerShell ISE の起動例。

様々な起動方法

スタートから開く

[スタート]をクリックして[Windows PowerShell]内の次のいずれかをクリックして起動します:

  • Windows PowerShell
  • Windows PowerShell (x86)
  • Windows PowerShell ISE
  • Windows PowerShell ISE (x86)

検索して開く

[スタート]をクリックして「power」と入力し、次のいずれかをクリックして起動します:

  • 「Windows PowerShell」
  • 「開く」
  • 「管理者として実行する」
  • 「ISE を管理者として実行する」
  • 「Windows PowerShell ISE」

ファイル名を指定して実行から開く

次のいずれかを操作します:

  • [スタート]を[右クリック]して[ファイル名を指定して実行]をクリック
  • [CTRL]+[X]を押して[ファイル名を指定して実行]をクリック
  • [CTRL]+[R]を押す

さらに「ファイル名を指定して実行」が表示されたら「powershell」と入力して[OK]をクリックして起動します。

ショートカット キーから開く

次のいずれかを操作して起動します:

  • [スタート]を[右クリック]して[Windows PowerShell] (または[Windows PowerShell (管理者)]) をクリック
  • [CTRL]+[X]を押して[Windows PowerShell]をクリック

Windows Terminal 内で開く

Windows Terminal を使用すると、コマンド プロンプトや PowerShell などを1つのウィンドウ内にタブとして開くことができます。Windows Terminal については、次のサポート記事をご参照ください:

Hello World

PowerShell を起動し、次のコマンドを実行すると Hallo World を表示します:

echo HelloWorld

実行例。

設定

PowerShell に関する設定が可能です。

[設定]から[個人用設定]を開き、「[スタート]ボタンを右クリックするか Windows キー + X キーを押したときに表示されるメニューで、コマンド プロンプトを Windows PowerShell に置き換える」をオンまたはオフに設定できます。

[設定]から[更新とセキュリティ]を開き、[開発者向け]の「PowerShell」内の「署名せずに実行するローカル PowerShell スクリプトを許可するように、実行ポリシーを変更します。リモート スクリプトには署名が必要です。」にチェックを入れ、または外す事ができます。

注意

  • 本操作例は、Windows 10 (Ver.2004, Ver.1909) 64 bit のものです

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました