Windows 10 コマンドでユーザーを管理する

Windows 10 でコマンドを使用してユーザーを管理する方法です。

スポンサーリンク

準備

コマンドを使用してユーザーを管理するには、管理者権限で開かれたコマンド プロンプトを使用します。コマンド プロンプトを開く方法については、次のサポート記事をご参照ください:

コマンド概要

以下のコマンドを使用してユーザーを管理します:

C:\Users\Owner>net user /?
このコマンドの構文は次のとおりです:

NET USER
[ユーザー名 [パスワード | *] [オプション]] [/DOMAIN]
         ユーザー名 {パスワード | *} /ADD [オプション] [/DOMAIN]
         ユーザー名 [/DELETE] [/DOMAIN]
         ユーザー名 [/TIMES:{時間 | ALL}]
         ユーザー名 [/ACTIVE: {YES | NO}]

ユーザーの一覧を表示する

次のコマンドを使用してユーザーの一覧を表示します:

net user

実行例:

C:\Users\Owner>net user

\\DESKTOP-M3BQEN2 のユーザー アカウント

-------------------------------------------------------------------------------
Administrator            DefaultAccount           Guest
Owner                    WDAGUtilityAccount
コマンドは正常に終了しました。

ユーザーの情報を表示する

次のコマンドを使用して指定したユーザーの情報を表示します:

net user <USER>

ユーザー「Owner」の情報を表示した例:

C:\Users\Owner>net user owner
ユーザー名                           Owner
フル ネーム
コメント
ユーザーのコメント
国/地域番号                          000 (システム既定)
アカウント有効                       Yes
アカウントの期限                     無期限

最終パスワード変更日時               2021/09/10 0:32:02
パスワード有効期間                   無期限
パスワード次回変更可能日時           2021/09/10 0:32:02
パスワードあり                       No
ユーザーによるパスワード変更可能     Yes

ログオン可能なワークステーション     すべて
ログオン スクリプト
ユーザー プロファイル
ホーム ディレクトリ
最終ログオン日時                     2021/09/12 0:01:43

ログオン可能時間                     すべて

所属しているローカル グループ        *Administrators
所属しているグローバル グループ      *なし
コマンドは正常に終了しました。

ユーザーを追加する

ユーザーを追加すると、1 つの Windows 10 パソコンを複数人で使用することができるようになります。図は、ユーザーが追加され、複数のユーザー選択可能になり、パソコン起動時に選択画面が表示されるようになった例。

次のコマンドを使用してユーザーを追加します:

net user <USER> /add

ユーザー「testuser」を追加した例:

C:\Windows\system32>net user testuser /add
コマンドは正常に終了しました。

ユーザーが追加されたことを確認する

C:\Windows\system32>net user

\\DESKTOP-M3BQEN2 のユーザー アカウント

-------------------------------------------------------------------------------
Administrator            DefaultAccount           Guest
Owner                    testuser                 WDAGUtilityAccount
コマンドは正常に終了しました。

ユーザーにパスワードを設定する

図は、パスワードが設定されたため、サインイン時にパスワード入力が求められている例。

ユーザーにパスワードを設定する

次のコマンドを使用してユーザーにパスワードを設定します:

net user <USER> <PASSWORD>

ユーザー「Owner」にパスワードを「123」を設定した例:

C:\Windows\system32>net user owner 123
コマンドは正常に終了しました。

※コマンドを使用してユーザーのパスワードを設定する場合は、現在設定されているパスワードを知らなくてもパスワードの設定ができますので、パスワードを忘れてしまったユーザーのパスワードを管理者が上書きして新たに設定することができます

※コマンドを使用してユーザーパスワードを設定する場合、それが自信のアカウントのパスワードでも管理者権限で開かれたコマンド プロンプトを使用する必要があります

パスワードを表示せずに設定する

次のコマンドを使用してパスワードを表示せずに設定します:

net user <USER> *

C:\Windows\system32>net user owner *
ユーザーのパスワードを入力してください:
確認のためにパスワードを再入力してください:
コマンドは正常に終了しました。

※同じパスワードを 2 回入力して間違いを防ぐ事ができます

空パスワードを設定する

パスワードに「””」を指定して空パスワードを設定した例:

C:\Windows\system32>net user owner ""
コマンドは正常に終了しました。

ランダムなパスワードを自動設定する

複雑なパスワードを自動生成して設定した例:

C:\Windows\system32>net user owner /random
owner のパスワード: #N9TaopN

コマンドは正常に終了しました。

※自動的に生成されたパスワードを控え忘れないようご注意ください

ユーザーをグループに所属させる

作成されたユーザーは「Users」(標準ユーザー) グループに所属します。「Administrators」 (管理者ユーザー) グループに所属させるには、次のサポート記事をご参照ください:

ビルトイン管理者アカウントを活性化する

非表示になっている Administrator アカウントを表示するには、次のコマンドを実行します:

net user administrator /active:yes

実行例:

C:\Windows\system32>net user administrator /active:yes
コマンドは正常に終了しました。

※不活性化するときは yes を no にします

ユーザーを削除する

次のコマンドを使用してユーザーを削除します:

net user <USER> /delete

ユーザー「testuser」を削除した例:

C:\Windows\system32>net user testuser /delete
コマンドは正常に終了しました。

削除されたことを確認する

ユーザーが削除されたことを確認した例:

C:\Windows\system32>net user

\\DESKTOP-M3BQEN2 のユーザー アカウント

-------------------------------------------------------------------------------
Administrator            DefaultAccount           Guest
Owner                    WDAGUtilityAccount
コマンドは正常に終了しました。

※ユーザー プロファイルは自動的に削除されません

ドメインを確認する

次のコマンドを実行してサインイン中のユーザーの環境変数「user」の内容を表示します:

set user

実行例:

C:\Users\Owner>set user
USERDOMAIN=DESKTOP-M1BQEN2
USERDOMAIN_ROAMINGPROFILE=DESKTOP-M1BQEN2
USERNAME=Owner
USERPROFILE=C:\Users\Owner

ローカル ドメインであることがわかります。

エラー例

システム エラー 5 が発生しました

システム エラー 5 が発生しました。

アクセスが拒否されました。

管理者権限でコマンド プロンプトを開き、手順を再実行します。

ユーザー名が見つかりません

ユーザー名が見つかりません。

NET HELPMSG 2221 と入力すると、より詳しい説明が得られます。

指定したユーザー名が正しく入力されているか確認し、手順を再実行します。

関連

コマンドを使用してグループを管理する方法については、次のサポート記事をご参照ください:

Windows 10 の標準的な操作によってユーザーを管理する方法については、次のサポート記事をご参照ください:

パスワードを設定しつつもパスワードの入力を不要にする自動サインインを設定する方法については、次のサポート記事をご参照ください:

パスワード リセット ディスクの作成については、次のサポート記事をご参照ください:

注意

  • 本操作例は、Windows 10 のものです

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました