[Office] 画像を圧縮してファイルサイズを縮小する方法

Office (オフィス;ワードやエクセル、パワーポイントなどの総称)製品を利用してドキュメントを作成した時、ファイルサイズが大きくなってしまう事があります。

ここでは、挿入した写真の不要な部分を圧縮して、ファイルサイズを小さくする方法を記載します。

スポンサードリンク

画像を圧縮してファイルサイズを縮小する方法

表示サイズとファイルサイズ

この例では「サンプル旅行記」として複数の高画質な写真をワード内に挿入しています。

挿入した時は横幅いっぱいに大きく表示されますが、表示上のサイズを変更して複数の写真を挿入し、コメントを書き込んでいます。

しかし、挿入した写真を見かけ上縮小して表示しても、ファイルサイズは大きなままです。

作業前のファイルサイズ

画像を圧縮する作業を行う前に、現在のファイルサイズを確認します。

この例では、およそ720KB(キロバイト)となっています。

書式の呼び出し

まず、任意の写真を選択してダブルクリックします(図の1)。

次に「書式」内の[図の圧縮]をクリックします(図の2)。

圧縮の設定

「画像の圧縮」が表示されます。

そのまま[OK]をクリックしても圧縮されますが、ここでは[オプション]をクリックしてオプションを設定します。

「圧縮の設定」が表示されます。

この例では「印刷用」とされている画質を[画面用]に変更し、[OK]をクリックします。

※dpi 値が大きいほど高画質になりますが、ファイルサイズは大きくなります

「画像の圧縮」に戻りますので、[OK]をクリックして実行します。

作業後のファイルサイズ

作業前のファイルサイズは、およそ720KB でした。

作業後は、およそ150KB となり、不要な部分を80% 減らすことができました。

ファイルサイズを小さくすることで、電子メールで送信する際に相手側を気遣うこと(回線によっては受信に時間がかかったり、パケット代金が不必要にかかってしまうなど)ができ、また、作成者もより快適に作業できる可能性があります。

注意

  • 重要な書類に対して操作を行う場合は、予めバックアップをとってから作業することを強く推奨します
  • 本操作例はMicrosoft Office Word 2007 のものです

関連記事

スポンサードリンク