[Windows7] 空パスワードを許可する方法

Windows7 には、複数のユーザーアカウントを管理する機能やファイルやプリンターを共有する機能があります。

共有機能を利用すると、別のパソコンからプリンターなどに接続できますが、パスワードが設定されていないアカウントに接続しようとすると、セキュリティー設定によって接続が拒否されます。

ここでは、アカウントにパスワードを設定しない(空パスワード)状態でも接続できるようにセキュリティー設定を変更します。

※この操作はセキュリティーについて十分理解してから操作する必要があります

スポンサーリンク

空パスワードを許可する方法

[スタート]?[コントロールパネル]をクリックします。

[システムとセキュリティ]をクリックします。

[管理ツール]をクリックします。

[ローカルセキュリティポリシー]を開きます。

[セキュリティーの設定]?[ローカルポリシー]?[セキュリティーオプション]を選択し、[アカウント:ローカル アカウントの空のパスワードの使用をコンソールログオンのみに制限する]を開きます。

無効に設定する場合

空パスワードを「許可」にするには、「アカウント:ローカル アカウントの空のパスワードの使用をコンソールログオンのみに制限する」を[無効]にします。

空パスワードを有効に設定することで、アカウントにパスワードが設定されていない状態でも、他のパソコンから接続できるようになります。

有効に設定する場合

空パスワードを「無効」にするには、「アカウント:ローカル アカウントの空のパスワードの使用をコンソールログオンのみに制限する」を[有効]にします。

空パスワードを無効に設定することで、アカウントにパスワードが設定されていない場合、他のパソコンからの接続を拒否するようになります。

注意

  • 本操作例はWindows7 のものです

スポンサードリンク