[Java] Java を手動でアップデートする方法

XWSS016003-s

インストールされているJava は、通常、定期的にアップデートの有無が確認され、アップデートがあれば通知しますが、定期的な確認をまたずに、手動で確認を行う方法を記載します。なお、既にアップデートが利用可能と表示されている場合は、次のサポート記事をご参照ください:

→ [Java] 「アップデートを入手可能」と表示されました

スポンサードリンク

現在インストールされているJava のバージョンを確認する場合は、次のサポート記事をご参照ください:

→ 「MyJVN バージョンチェッカ」の使い方

新規にJava をインストールする場合は、次のサポート記事をご参照ください:

→ [Java] Java をインストールする方法

Java を手動でアップデートする方法

Windows7 Start - Control Panel

[スタート]?[コントロールパネル]をクリックします。

XWSS016025-s

[プログラム]をクリックします。

XWSS016026-s

[Java (32 ビット)]をクリックします。

XWSS016003-s

「Java コントロールパネル」が表示されますので、[アップデート]タブをクリックし、[今すぐアップデート]をクリックします。

アップデートチェックに失敗した場合

XWSS016008-s

「システムの現在のインターネット接続の設定では Java Update を続行できません。Windows の「コントロール パネル」で「インターネット オプション」 -> 「接続」を選択して、LAN の設定とプロキシ情報が正しいことを確認してください」と表示された場合には、Java のアップデートチェックプログラムがインターネットに正しく接続できるかを確認し、再度実行します。

XWSS016009-s

「必要なインストールファイルのダウンロードに失敗しました」と表示された場合も同様です。

アップデートが見つかった場合

XWSS016004-s

アップデートがある場合、「Java Update利用可能」と表示されます。

XWSS016030-s

[インストール]をクリックします。

XWSS016031-s

(ダウンロードが完了するまで待ちます)

XWSS016032-s

[閉じる]をクリックします。

※次のサポート記事も合わせてご参照ください:

→ [Java] 「アップデートを入手可能」と表示されました

注意

  • 本操作例は、Windows7 のものです

関連記事

スポンサードリンク