Windows 10「Windows Subsystem for Linux」を有効にする方法

Windows 10 では、 Linux との親和性がより高くなったほか、ストアにもアプリとして Ubuntu などの Linux ディストリビューションが追加され、インストールやアンインストールも行いやすくなっています。

スポンサードリンク

ここでは、Windows で Linux を使用するために、アプリのインストールとは別に行う必要のある Windows 側の準備手順を記載します。

「Windows Subsystem for Linux」を有効にする方法

[スタート]をクリック、[設定]をクリックします。

[アプリ]をクリックします。

「関連設定」から[プログラムと機能]をクリックします。

[Windows の機能の有効化または無効化]をクリックします。

[Windows Subsystem for Linux]にチェックを入れ、[OK]をクリックします。

「必要なファイルを検索してます」や「変更を適用しています」と表示されますので、待ちます。

「必要な変更が完了しました。」と表示されたら[今すぐ再起動]をクリックします。

再起動が完了したら Linux 系アプリをインストールしたり、インストール済みの Linux 系アプリを起動したりして動作を確認します。

システム管理者向け情報

エラー例

本操作を行っていないシステムで Linux アプリを起動しようとすると、以下のようなエラーが表示されます:

Installing, this may take a few minutes…
WslRegisterDistribution failed with error: 0x8007019e
The Windows Subsystem for Linux optional component is not enabled. Please enable it and try again.
See https://aka.ms/wslinstall for details.
Press any key to continue…

PowerShell を使用する方法

PowerShell を管理者権限で起動し以下を実行:

Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux

システムを再起動します。

※詳しくは参考文献をご参照ください

参考

注意

  • 本操作例は、Windows 10 (Ver.1809) のものです

スポンサードリンク