Microsoft Virtual PC 2007 「バーチャル マシン追加機能」をインストールする方法

Microsoft Virtual PC 2007 に「バーチャルマシン追加機能」をインストールする方法です。

→ [Virtual PC 2007] Microsoft Virtual PC 2007 をインストールする方法

「バーチャルマシン追加機能」をインストールすると、次の機能が利用可能になります:

Virtual Machine 統合コンポーネント

ゲスト OS (Windows) をインストール後、統合コンポーネントをインストールすることにより、ホスト環境とゲスト環境で幾つかの機能を共有することができる。

ゲスト OS のパフォーマンスの向上

マウスの統合

最適化されたビデオ ドライバーの使用

動的なスクリーン解像度の使用

ホスト側との時刻同期

クリップボードの共有

ホスト-ゲスト間のドラッグ アンド ドロップ (Virtual PC 2007 まで対応)

ホスト-ゲスト間のフォルダーの共有

USB デバイスのゲストOS での使用 (Windows Virtual PC で対応)

アプリケーションのシームレス化(ゲストOS 上のアプリケーション画面をホストOS に表示する機能。Windows Virtual PC で対応)
(「Microsoft Virtual PC – Wikipedia」より引用)

※Microsoft Virtual PC 2007 と Windows Virtual PC は異なる製品です

スポンサーリンク

「バーチャルマシン追加機能」をインストールする方法

ホスト側操作

Microsoft Virtual PC 2007 仮想マシンのウィンドウの[操作]をクリックし、[バーチャル マシン追加機能]をクリックします。

仮想マシンの CD-ROM にディスクが挿入されます。

ゲスト側操作

自動起動が有効になっている場合はインストーラーが自動実行されます。

「バーチャル マシン追加機能のセットアップの開始」が表示されたら、[次へ]をクリックします。

インストールが開始されます。

「セットアップの完了」が表示されたら[完了]をクリックして終了します。

ゲスト OS の再起動が必要になりますので、[はい]をクリックしてゲスト OS を再起動します。

注意

  • 本操作例は、ホスト OS Windows Vista SP2 32bit 上に Microsoft Virtual PC 2007 を利用してゲスト OS Windows XP SP3 32bit がインストールされています

スポンサードリンク