「ブート構成データ ストア」を編集する方法

BCDEDIT コマンドを利用すると「ブート構成データ ストア」を編集できます。

スポンサーリンク

準備

操作は管理者権限のコマンド プロンプトを使用して実行します。コマンド プロンプトを起動する方法については、次のサポート記事をご参照ください:

export バックアップ

bcdedit /export <ファイル名>

システム ストアの内容をファイルにエクスポートします。エクスポートしたファイルはインポートできます。したがって、バックアップとリストアが可能です。

bcdedit コマンドを使用して操作する場合などは、バックアップを取ることを強く推奨します。

Cドライブ直下に「bcdbackup」というファイル名でエクスポートする例:

C:\Windows\system32>bcdedit /export c:\bcdbackup
この操作を正しく終了しました。

※拡張子を付ける必要はなく、また、テキスト ファイルではありません

timeout タイムアウト

bcdedit /timeout <timeout>

ブート マネージャーが既定のエントリを選択するまでの待ち時間を秒で設定します。

タイムアウト時間を 15 (秒) に設定する例:

C:\Windows\system32>bcdedit /timeout 15
この操作を正しく終了しました。

実行前:

Windows ブート マネージャー
--------------------------------
:
:
timeout                 30

実行後:

Windows ブート マネージャー
--------------------------------
:
:
timeout                 15

displayorder 表示順序

bcdedit /displayorder <id> [...] [ /addfirst | /addlast | /remove ]

ブート マネージャーが使用する表示順序を設定します。

現在 (=実行前) と順序を逆にする例:

C:\Windows\system32>bcdedit /displayorder {00678e6a-5e47-11ea-a82a-b70b09c074ad} {current}
この操作を正しく終了しました。

実行前:

Windows ブート マネージャー
--------------------------------
:
:
displayorder            {current}
                        {00678e6a-5e47-11ea-a82a-b70b09c074ad}

実行後:

Windows ブート マネージャー
--------------------------------
:
:
displayorder            {00678e6a-5e47-11ea-a82a-b70b09c074ad}
                        {current}

default デフォルト

bcdedit /default <id>

タイムアウト期限が切れたときにブート マネージャーが使用する既定のエントリを設定します。

デフォルトを Windows 10 から Windows 7 にする例:

C:\Windows\system32>bcdedit /default  {00678e6a-5e47-11ea-a82a-b70b09c074ad}
この操作を正しく終了しました。

実行前:

Windows ブート マネージャー
--------------------------------
:
:
default                 {current}

実行後:

Windows ブート マネージャー
--------------------------------
:
:
default                 {default}

set オプション値

bcdedit [/store <ファイル名>] /set [{<ID>}] <データの種類> <値> [ /addfirst | /addlast | /remove ]

ブート構成データ ストアのエントリ オプション値を設定します。

表示名を「Windows 7」から「Windows 7 seeckjp」に変更する例:

C:\Windows\system32>bcdedit /set {00678e6a-5e47-11ea-a82a-b70b09c074ad} description "Windows 7 seeckjp"
この操作を正しく終了しました。

実行前:

Windows ブート ローダー
--------------------------------
:
:
description             Windows 7

実行後:

Windows ブート ローダー
--------------------------------
:
:
description             Windows 7 seeckjp

delete 削除

bcdedit [/store <ファイル名>] /delete <id> [/f] [/cleanup | /nocleanup]

ブート構成データ ストアからエントリを削除します。

import リストア

bcdedit /import <ファイル名> [/clean]

システム ストアの内容をファイルにエクスポートしたファイルをインポートします。エクスポートと組み合わせて、バックアップとリストアが可能です。

※インポートは追記ではなく上書きであることに注意が必要です

実行例:

C:\Windows\system32>bcdedit /import c:\bcdbackup
この操作を正しく終了しました。

コマンド詳細

その他にも様々な操作が可能です。詳細については、コマンドのヘルプや以下をご参照ください:

Windows 上からの変更

一部の設定は、「システムのプロパティ」から「起動と回復」を開いて変更できます。

注意

  • 本操作例は、Windows 10 (Ver.1909) のものです
  • 本操作例は、Windows 7 インストール後に Windows 10 を別にインストールしたデュアルブート環境を環境例として使用してします
  • 本操作を行うと、システムが正常に動作しなくなる場合がありますので、ご注意ください

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました