[Windows7] 「透明感」の有効・無効を切り替える方法

Windows7 は、WindowsAero (ウィンドウズ・エアロ)という機能が塔載されており、視覚的な表現を処理しています。

このうち、「AeroGlass」が「ガラス・ウィンドウ・フレーム」に対して有効になっている場合、半透明の効果を得られます。

「ガラスの特殊効果」が有効になっている例。

画像左上には2つのファイルと1つのウィンドウがあります。このウィンドウは「ガラス・ウィンドウ・フレーム」となっており、「AeroGlass」によって下にある2つのファイルが透けて見えます。

スポンサードリンク

AeroGlass の有効・無効を切り替える方法

デスクトップ上で[右クリック]し、[個人設定]をクリックします。

[ウィンドウの色]をクリックします。

「ウィンドウの色とデザイン」が表示された場合は?

「ウィンドウの色」をクリックした時「ウィンドウの色とデザイン」が表示された場合は、Aero テーマが有効になっていません。以下のサポート記事を参考にAero テーマを有効にして再操作してください:

→ [Windows7]テーマを切り替える方法 ? SEECK.JP サポート

透明感の有効・無効を切り替える方法

この例では「透明感を有効にする」にチェックが入っています(有効の状態)。

この例では無効にしますので、チェックボックスをクリックしてチェックを外します。

チェックを外した瞬間に透明感が無くなります。

[変更の保存]をクリックします。

動作確認

「AeroGlass」が無効になっている例。

画像左上には2つのファイルと1つのウィンドウがあります。このウィンドウは「ガラス・ウィンドウ・フレーム」となっており、「AeroGlass」によって下にある2つのファイルが透けて見えます。

AeroGlass などのWindowsAero 機能の詳細および有効・無効による影響は以下が参考になります:

注意

  • 本操作例はWindows7 のものです
  • Windows7 はWindowsAero が標準で有効になっていますが、環境によってはWindowsAero が利用できないことがあります

関連記事

スポンサードリンク