[VirtualPC 2007] 新しいバーチャルマシンを作る方法

Microsoft VirtualPC 2007 のゲストOS にWindowsXP をインストールする例です。

予めMicrosoft VirtualPC 2007 をインストールしておきます。

→ [VirtualPC 2007] Microsoft VirtualPC 2007 をインストールする方法 ? SEECK.JP サポート

※Microsoft VirtualPC 2007 と Windows VirtualPC は異なる製品です

スポンサードリンク

新しいバーチャルマシンを作る方法

ホストOS を操作してMicrosoft VirtualPC 2007 を起動します。

VirtualPC コンソールを表示させ、[新規]をクリックします。

「新しいバーチャルマシンウィザードの開始」が表示されたら[次へ]をクリックします。

オプション選択

オプションを選択します:

  • バーチャルマシンの作成
  • 既定の設定を使用してバーチャルマシンを作成する
  • 既存のバーチャルマシンを追加する

ここでは「バーチャルマシンの作成」を選択し、[次へ]をクリックします。

名前と場所の設定

バーチャルマシンの任意の名前と保存場所を設定します。

ここではWindowsXP をインストールしますので、「WindowsXP」と入力し[次へ]をクリックします。

オペレーティングシステム

ゲストOS のオペレーティングシステムを選択します:

  • Windows98
  • WindowsNT Workstation
  • WindowsXP
  • OS/2
  • WindowsVista
  • WindowsNT Server
  • Windows2000 Server
  • Windows Server 2003
  • Windows Server 2008
  • その他

ここではWindowsXP をインストールしますので、「WindowsXP」を選択して[次へ]をクリックします。

メモリーの割り当て

ゲストOS に割り当てるメモリー量を設定します。

ここでは自動的に決定されたメモリー量の128MB を調整し、512MB を割り当てます。

バーチャル ハード ディスク オプション

バーチャル ハード ディスク オプションを選択します:

  • 既存のバーチャル ハード ディスク
  • 新しいバーチャル ハード ディスク

ここでは新規に仮想ハードディスク(VHD)を作成しますので「新しいバーチャル ハード ディスク」を選択し、[次へ]をクリックします。

バーチャル ハード ディスクの場所

作成するバーチャル ハード ディスクのディスクサイズを設定します。

ここでは8192MB (8GB)を指定します。

「新しいバーチャルマシン ウィザードの完了」が表示されたら[完了]をクリックします。

バーチャルマシンの起動

VirtualPC コンソールから任意のバーチャルマシンを選択し、[起動]をクリックします。

OS インストール

バーチャルマシンが起動したら任意のOS をインストールします。

→ OS別インストール手順一覧 ? SEECK.JP サポート

OS のインストールが完了したらバーチャルマシンの追加機能をインストールします。

→ [VirtualPC 2007]「バーチャルマシン追加機能」をインストールする方法 ? SEECK.JP サポート

設定の変更

設定を変更する場合はVirtualPC コンソールを表示し、目的のバーチャルマシンを選択し、[設定]をクリックします。

各項目を調整します。

注意

  • 本操作例は、ホストOS WindowsVista SP2 32bit にインストールされたMicrosoft VirtualPC 2007 を操作して、ゲストOS にWindowsXP SP3 32bitをインストールするためのバーチャルマシンを定義したものです

関連記事

スポンサードリンク