[CentOS] アップデートを行う方法(yum)

パッケージマネージャにyum を利用するシステムでのアップデート方法です。一般に、yum はRHEL 系システムで利用されています。

※本操作例ではGUI 画面の端末から操作していますが、CUI 環境でも操作方法は同じです
※GUI 環境の場合は「[CentOS] 「ソフトウェア更新」の使い方」も行なってください

スポンサーリンク

アップデートを行う方法(yum)

端末を表示します。

次のコマンドでroot ユーザに切り替えます。

$ su -

※パスワードを聞かれたらroot パスワードを入力します

次のコマンドでアップデート情報を収集します。

# yum update

アップデートが見つかった場合、アップデートを行うか否かを回答します。

[y]を入力するとアップデートされ、[n]もしくは[Enter]を押すとキャンセルされます。

(ダウンロードされます)

(アップデートまたはインストールされます)

(クリーンアップされます)

終了したら次のコマンドでroot ユーザから一般ユーザに戻ります。

# exit

次のコマンドを入力して端末を閉じます。

$ exit

注意

  • 本操作例はCentOS 6.2 のものです

スポンサードリンク