Windows 7 の標準機能でファイルやフォルダーを圧縮する方法

ファイルを圧縮すると、ファイル サイズを小さくすることができます。また、複数のファイルをひとつにまとめることもできます。

ここでは、Windows 7 での操作方法を記載します。Windows XP の場合は、次のサポート記事をご参照ください:

→ [Windows XP] 圧縮ファイルの解凍方法

圧縮されたファイルを解凍(もとに戻す)には、次のサポート記事をご参照ください:

→ [Windows 7] 圧縮ファイルの解凍方法

スポンサーリンク

ファイルやフォルダーを圧縮する方法

フォルダーを圧縮する場合

フォルダーを[右クリック]し、[送る] – [圧縮 (zip 形式) フォルダー]をクリックします。

ファイルを圧縮する場合

フォルダを開く

ファイルを圧縮する場合は、まず、圧縮したいファイルが入っているフォルダを開きます。

ファイルを選択する

[整理] – [すべて選択] をクリックします。

※この例では、フォルダ内のすべてのファイルを圧縮します

圧縮する

いずれかのファイルを[右クリック]し、[送る] – [圧縮 (zip 形式) フォルダー]をクリックします。

(圧縮が完了するまで待ちます)

ファイル名を付ける

圧縮されたファイルが作成されました。

ファイル名を入力できる状態になっていますので、任意のファイル名を付けておくと管理が容易になります。

この例では、ファイル名を「a-圧縮ファイル」としました。

電子メールに添付する際などは、次のサポート記事も合わせてご参照ください:

→ 添付ファイル送信時の注意事項

ファイルを削除する

圧縮されたファイルを残して、圧縮に指定したファイルを削除する事もできます。

関連

注意

スポンサードリンク