Ubuntu 18.04 LTS Server をインストールする方法

Ubuntu 18.04 LTS Server をインストールする方法です。この例では、LVM を使わず、最小インストールします。

スポンサードリンク

ダウンロード

Ubuntu 公式サイトから必要なファイルをダウンロードします。この例では、「ubuntu-18.04-server-amd64.iso」をダウンロードしました。

インストール メディアの作成

ダウンロードしたファイルをディスクに書き込み、インストール メディアを作成する場合は、以下のサポート記事をご参照ください:

インストール

作成したインストール メディアなどからインストーラーを起動します。

インストール設定

言語選択

言語を選択します。

この例では、[English]を選択します。

インストール オプション設定

このままインストールすることもできますが、この例では、さらにオプションを設定してからインストールを行います。

キーマップ選択

[F3]キーを押し、キーマップを選択します。

この例では、[Japanese]を選択します。

モード選択

[F4]キーを押し、モードを選択します。

この例では、[Install a minimal system]を選択します。

インストールの開始

[Install Ubuntu Server]を選択してインストーラーを実行します。

言語の選択

言語を選択します。

この例では、[C.UTF-8 – No localization (UTF-8)]を選択します。

国や地域の選択

リージョンの選択

リージョンを選択します。

この例では、[Asia]を選択します。

国や地域の選択

国や地域を選択します。

この例では、[Japan]を選択します。

処理が完了するまで待ちます。

ホスト名の設定

ホスト名を設定します。

任意のホスト名を入力し、[Continue]を押します。

ユーザーの作成

フルネームの入力

作成するユーザーのフルネームを入力し、 [Continue]を押します。

ユーザー名の入力

ユーザー名を入力し、[Continue]を押します。

パスワードの入力

ユーザーのパスワードを設定します。

任意のパスワードを入力し、[Continue]を押します。

パスワードの再入力

ユーザーのパスワードを再入力し、[Continue]を押します。

処理が完了するまで待ちます。

タイムゾーンの確認

表示されるタイムゾーンを確認し、正しければ[Yes]を押します。

インストール先の設定

パーティショニング メソッドの選択

パーティショニング メソッドを選択します。

この例では、[Guided – use entire disk]を選択します。

選択できる項目は次の通りです:

  • Guided – use entire disk
  • Guided – use entire disk and set up LVM
  • Guided – use entire disk and set up encrypted LVM
  • Manual
ディスクの選択

インストール先のディスクを選択します。

この例では、システムに接続された唯一のディスクを選択します。

ディスクへ変更の適用

設定内容をディスクに適用しますので、表示される内容を確認し、よければ[Yes]を押します。

処理が完了するまで待ちます。

プロキシサーバーの設定

プロキシサーバーを必要とする環境の場合は、入力します。

この例では、プロキシサーバーを必要としないため、空欄のまま[Continue]を押します。

処理が完了するまで待ちます。

アップデート設定

アップデートに関する設定を行います。

この例では、[Install security updates automatically]を選択します。

選択できる項目は次の通りです:

  • No automatic updates
  • Install security updates automatically
  • Manage system with Landscape

処理が完了するまで待ちます。

ソフトウェアの選択

インストールするソフトウェアを選択します。

この例では、[OpenSSH server]のみ選択し、[Continue]を押します。

選択できるソフトウェアは次の通りです:

  • DNS server
  • LAMP server
  • Mail server
  • PostgreSQL database
  • Print server
  • Samba server
  • OpenSSH server
  • Basic Ubuntu server

処理が完了するまで待ちます。

ブートローダーのインストール

ブートローダーをインストールするか選択します。

この例では、ブートローダーをインストールするため、[Yes]を押します。

処理が完了するまで待ちます。

再起動

インストールが完了したら、[Continue]を押します。

インストール完了

作成したユーザー名とパスワードでログインします。

参考

$ df -Th
Filesystem Type Size Used Avail Use% Mounted on
udev devtmpfs 927M 0 927M 0% /dev
tmpfs tmpfs 191M 572K 191M 1% /run
/dev/sda1 ext4 32G 2.9G 27G 10% /
tmpfs tmpfs 953M 0 953M 0% /dev/shm
tmpfs tmpfs 5.0M 0 5.0M 0% /run/lock
tmpfs tmpfs 953M 0 953M 0% /sys/fs/cgroup
tmpfs tmpfs 191M 0 191M 0% /run/user/1000

df -Th の実行例です。

$ sudo fdisk -l
Disk /dev/sda: 32 GiB, 34359738368 bytes, 67108864 sectors
Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 4096 bytes
I/O size (minimum/optimal): 4096 bytes / 4096 bytes
Disklabel type: dos
Disk identifier: 0x4a1864ad
Device Boot Start End Sectors Size Id Type
/dev/sda1 * 2048 67106815 67104768 32G 83 Linux

sudo fdisk -l の実行例です。

アップデート

アップデートを行うには、以下のコマンドを実行します:

$ sudo apt update && sudo apt upgrade

注意

  • 本操作例は、 Ubuntu 18.04 LTS Server のものです
  • 本作業の参考作業時間は、20 分です

スポンサードリンク