リモートアクセスする方法(RealVNC 編)

遠隔地の端末やネットワーク上の別の端末などを遠隔操作(リモートアクセス)する方法のうち、構築済みのVNC サーバーにRealVNC ビューワーを使って接続する方法を記載します。なお、RealVNC ビューワーのインストールについては、次のサポート記事をご参照ください:

→ RealVNC をインストールする方法

スポンサードリンク

※Linux の場合は以下のサポート記事をご参照ください:

→ [Linux] GTK VNC Viewer のインストールと使い方

リモートアクセスする方法

VNC ビューワーの起動方法

[スタート] – [RealVNC] – [VNC ビューワー 4] – [VNC? ビューワの起動]をクリックしてVNC ビューワーを起動します。

接続先情報の入力と接続

サーバー欄に接続先の端末に割り振られているIP アドレスを入力し、[OK]をクリックします。

※標準的に利用されるポート「5900」以外に接続する場合は、IP アドレスに続いて指定します。例えば、上記の例(IP アドレスが192.168.1.105)でポート「15919」に接続するなら、「192.168.1.105:15919」とします。

(接続されるまで待ちます)

エラーが表示されたら

「ホストへの接続ができません:接続タイムアウト(10060)」などのエラーが表示された場合、[OK]をクリックして閉じ、問題を解決してから再度実行します。

接続できたら

接続できた場合は、パスワードの入力が求められますので、パスワードを入力し、[OK]をクリックします。

動作確認

Windows7 が実行されているパソコンから、別のWindows 端末を表示・操作している例です。

注意

  • 本操作例は、Wwindows7 SP1 64bit の操作例です
  • VNC ビューワーで接続するには、対象端末上でVNC サーバーが起動し、かつ、ポートが開放されている必要があります

スポンサードリンク