[Windows7] ping に応答するように設定する方法

ping コマンドは、しばしば最低限度の通信が可能かの確認に用いられ、問題の切り分けに利用されます。

pingはICMPの”echo request”パケットを対象ノードに投げ、対象ノードから”echo reply”が返ってくることで到達性を確認する。(「ping ? Wikipedia」より引用)

しかし、悪意を持ったping 送信に応答すると、そこに通信可能な端末が存在することがわかってしまうため、セキュリティー設定によっては応答しないように設定されているものもあります。

この例では「WindowsXP」から「Windows7」に向かってping を送信したものの、応答がないためWinodws7 側の設定を変更して要求に応答するようにするものです。なお、ping コマンドの使い方については、次のサポート記事をご参照ください:

→ [Windows] 通信できるか確認する方法(コマンド編)

※ICMP = Internet Control Message Protocol

スポンサードリンク

ICMP パケットに応答する方法

[スタート]?[コントロールパネル]をクリックします。

[システムとセキュリティ]をクリックします。

[Windows ファイアウォール]をクリックします。

[詳細設定]をクリックします。

[受信の規則]を選択し、[ファイルとプリンタの共有(echo要求 – ICMv4受信)]のプロパティを開きます。

「全般」内の[有効]にチェックマークを入れ、有効化します。

応答しない場合の例

Microsoft Windows [Version 6.1.7601]
Copyright (c) 2009 Microsoft Corporation.? All rights reserved.

C:\Users\Owner>ping 192.168.1.8

192.168.1.8 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
要求がタイムアウトしました。
要求がタイムアウトしました。
要求がタイムアウトしました。
要求がタイムアウトしました。

192.168.1.8 の ping 統計:
??? パケット数: 送信 = 4、受信 = 0、損失 = 4 (100% の損失)、

応答した場合の例

Microsoft Windows [Version 6.1.7601]
Copyright (c) 2009 Microsoft Corporation.? All rights reserved.

C:\Users\Owner>ping 192.168.1.8

192.168.1.8 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
192.168.1.8 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128
192.168.1.8 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128
192.168.1.8 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128
192.168.1.8 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128

192.168.1.8 の ping 統計:
??? パケット数: 送信 = 4、受信 = 4、損失 = 0 (0% の損失)、
ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):
??? 最小 = 0ms、最大 = 0ms、平均 = 0ms

注意

  • 本操作例はWindows7 のものです
  • 本操作例は、複数ある設定方法のうちの1つです
  • 物理的にネットワークケーブルが接続され、個々には通信が可能であっても希望する通信ができないことがあります。ネットワークの設計や設定には専門的な知識が必要です。
  • WindowsXP の場合は、次のサポート記事をご参照ください: [WindowsXP] ping に応答するように設定する方法

関連記事

スポンサードリンク

One thought on “[Windows7] ping に応答するように設定する方法”

Comments are closed.