CentOS6.2 を最小インストールする方法

CentOS (セントオーエス;Community ENTerprise Operating System )は、Red Hat Enterprise Linux (RHEL)と完全互換を目指すLinux ディストリビューションの1つです。

RHELに含まれているソフトウェアは、オープンソースライセンスに基づきRed Hat社がソースコードを無償公開している。CentOSはこのソースコードより、同社の商標、商用パッケージなどを含まない形でリビルドされている。White Box Enterprise Linux、Scientific Linux等を含めて、一般に「RHELクローン」と呼ばれることもある。(「CentOS – Wikipedia」より引用)

ダウンロード

www.centos.org – centos.org content」などを参考にダウンロードします。

※ここでは、CentOS6.2 の必要最小限のインストールを行いますので「CentOS-6.2-i386-minimal.iso」をダウンロードします。標準インストールを行う場合には、次のサポート記事をご参照ください:

→ [CentOS] CentOS 6.2 を標準インストールする方法 ? SEECK.JP サポート

参考

  • http://ftp.riken.jp/Linux/centos/6/isos/i386/CentOS-6.2-i386-minimal.iso
  • http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/CentOS/6/isos/i386/CentOS-6.2-i386-minimal.iso

※ダウンロードしたiso イメージファイルをディスクに書き込む場合は、次のサポート記事をご参照ください:

→ [Windows7] ディスクイメージファイルを書き込む方法 ? SEECK.JP サポート

スポンサードリンク

インストール

インストールメディアから起動し、[Install or upgrade an existing system]を選択します。

ディスクのチェック

「Disc Found」と表示されたら[Skip]を選択します。

※この作業は作成したインストールメディアが正しく作成されているかなどを確認する作業です。より重要なシステムにインストールする場合などは[OK]を選択してディスクのチェックを行うことを推奨します。また、合わせてディスクやメモリーなどの検査も行なってください。

インストールの開始

[Next]をクリックします。

言語の選択

[Japanese (日本語)]を選択し、[Next]をクリックします。

キーボードの選択

[日本語]を選択し、[次へ]をクリックします。

ストレージの選択

インストールするストレージデバイスの選択を行います。

この例では一般的なパソコンにインストールしますので、[Basic Storage Devices]を選択します。

既存のシステムにインストールを行うと内容が消去されるため、警告が表示されます。

この例では新規のシステムにインストールしますので、[はい、含まれません。どのようなデータであっても破棄してください]をクリックします。

ネットワークの設定

適切な「ホスト名」を入力します。また、eth0 を有効化しておきます。

※これらの適切な入力値は、システム管理者またはネットワーク管理者へお問い合わせください

タイムゾーンの選択

タイムゾーンを選択します。

また、この例では、「システムクロックにUTC を使用」のチェックを外します。

管理者パスワードの設定

root ユーザーのパスワードを設定します。

インストール種別の選択

インストールの方法がいくつかありますので、いずれかを選択します。

この例では[Use All Space]を選択します

ディスクへの書き込みを行う旨の警告が表示されますので、問題がなければ[Write changes to disk]をクリックします。

フォーマット等の作業が行われます。そのまま待ちます。

インストールが開始されます。完了するまで待ちます。

インストールが完了すると、ブートローダーなどがインストールされます。完了するまで待ちます。

すべての作業が完了したら[再起動]をクリックします。

システムが再起動します。

初回起動

システムが再起動します。カウントダウンされますが、何もせずそのまま待ちます。

システムが起動しています。

起動が完了し、利用可能な状態になりました。デフォルトでssh が可能になっていますので、以後の作業はSSH クライアントを利用してユーザの追加等の作業を行います。

ネットワーク設定時にIP アドレス等を設定していなかったり、ネットワークインターフェースの自動起動を有効にしていなかった場合は、一度ログインして必要な作業を行います。

root ユーザーと、設定したパスワードを入力してログインします。ifconfig コマンド等で割り当てられているIP アドレスを確認し、SSH クライアントから接続します。

※ネットワークインターフェースの自動起動を有効にしていなかった場合は、先にネットワークインターフェースの設定と再起動を行います

アップデート

パッケージのアップデートを行う場合はyum update コマンド等を用いてアップデートを行います。詳しくは次のサポート記事をご参照ください:

→ [RHEL] アップデートを行う方法(yum) ? SEECK.JP サポート

シャットダウン

システムの電源を切る場合には、shutdown -h now コマンド等を用いてシステムをシャットダウンします。

注意

  • 本操作例は新規のシステムにCentOS 6.2 i386 を最小インストールする例です

スポンサードリンク